Androidを最新のiPhoneみたいにする無料アプリ、5000万ダウンロードを突破

Androidを最新のiPhoneみたいにする無料アプリ、5000万ダウンロードを突破

2022年8月21日

Androidの端末を、Appleが9月にリリースする最新のiOS 16の外観に変更できる無料アプリが5000万ダウンロードという人気になっているようです。

AndroidだけどiPhoneみたいにしたい人が5000万人もいる

Launcher-iOS-16.jpg
Launcher iOS 16

AndroidだけどiPhoneのデザインで使いたい、そんなふうに考えるユーザーが世界で5000万人以上いるようです。

Androidの無料アプリ「ランチャーiOS 16」は、AndroidでありながらもiOS 16のデザインを適用できるアプリです。ホーム画面、ドック、アプリの長押しメニュー、Appライブラリなど、どこからどうみてもiPhoneに見えます。

Launcher-iOS-16_1.jpgLauncher-iOS-16_2.jpg
パット見は完全にiOSです
Launcher-iOS-16_3.jpgLauncher-iOS-16_4.jpg
細かいところもiOS風になっています
Launcher-iOS-16_5.jpgLauncher-iOS-16_6.jpg
アプリ長押しで表示されるメニューまで再現
Launcher-iOS-16_7.jpgLauncher-iOS-16_8.jpg
天気アプリも完全にiOS

この手のアプリはこれが初めてではなく、過去にもiOS 15ふうにする「Launcher iOS 15」などがリリースされていますが、ダウンロード数は500万ダウンロードと一桁違います。

ただしiOS 16の目玉機能である、新しいロック画面には対応していないようです。(記事公開時)

そこまでしてiOSの外観にしたいのであれば、素直にiPhoneを買えばいいとは思いますが、AndroidのほうがiPhoneより安い端末がたくさんありますからね。興味のある人はお試しください。

ランチャーiOS 16 - Google Play のアプリ
drip公認バリスタ