EU、スマホなどUSB-Cに統一へ。iPhoneは2023年からUSB-C採用という噂

EU、スマホなどUSB-Cに統一へ。iPhoneは2023年からUSB-C採用という噂

2022年10月6日

欧州連合(EU)の欧州議会は、2024年末までにスマートフォンなどの小型機器の充電端子を「USB-C」に統一することを義務付ける改定案を採択しました。

2023年のiPhoneは「USB-C」という情報も

apple-usb-c

欧州連合(EU)の欧州議会は10月4日、スマートフォンなどの小型電子機器の充電端子を「USB-C」に統一することを義務付ける改定案を採択しました。

各メーカーは2024年末までに、販売する小型電子機器の充電端子を「USB-C」にする必要があります。

注目されるのはAppleの「iPhone」などが採用している、Lightning端子を搭載したデバイス。iPhone 14シリーズや、AirPodsシリーズでは、Lightning端子が採用されていますが、2024年にはUSB-Cの採用が義務付けられることとなります。

Appleの情報で信頼性の高いBloombergのMark Gurman記者は、今年5月、AppleはUSB-Cを搭載したiPhoneをテストしていると報告。Appleの情報に定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏は、2023年に登場するiPhoneはUSB-Cに変更されると伝えています。

USB-Cが義務化されるのは以下。

  • 携帯電話/スマートフォン
  • タブレット
  • デジタルカメラ
  • ヘッドフォン/ヘッドセット
  • 携帯ゲーム機
  • ポータブルスピーカー
  • 電子書籍リーダー
  • キーボード
  • マウス
  • ポータブルナビゲーションシステム
  • イヤホン
  • 有線で充電可能なラップトップPC

マウスやキーボードも含まれているので、Magic MouseやMagic keyboardもUSB-Cになる可能性は高いですね。Magic MouseはUSB-Cを採用するのと同時に、充電しながら使えるデザインに生まれ変わってほしいですが。

drip公認バリスタ