12.9インチ iPad Airのディスプレイが出荷開始、iPad Proの有機ELディスプレイは1月より出荷へ

12.9インチ iPad Airのディスプレイが出荷開始、iPad Proの有機ELディスプレイは1月より出荷へ

2

来年初頭に登場する予測の、より大きなディスプレイを搭載したiPad Airですが、Appleのサプライチェーンがディスプレイの出荷を開始したようだと伝えられています。

Appleのディスプレイに関連するリーク情報で、数多くの実績のあるDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOを務めるRoss Young氏によると、Appleのサプライチェーンが今月、12.9インチのiPad Airのディスプレイパネルの出荷を開始したと伝えています。

Ross Young氏の過去の実績から、この情報はおそらく正しいものだと考えられます。

2023年は新型iPadが発表されないという異例の1年になる見込みですが、来年3月には新型iPad Airと有機ELを搭載した新型iPad Proなどが発表されると予測されています。

Ross Young氏はiPad Proの有機ELパネルの出荷開始についても言及し、「おそらく1月」とコメントしています。

来年3月にはiPad AirとiPad Proだけでなく、新しいiPad Pro用Magic Keyboardや、新しいApple Pencilも登場すると予測されています。