Google検索に好かれる7つの指標/嫌われる8つの指標

201401_google_seo1 2

@JUNP_Nです。SEO JUMPさんが「Google 検索評価のインフォグラフィックス」という参考になるインフォグラフィックスを公開していたのでご紹介します。


2014年 SEOのためにGoogleに好かれる/嫌われる指標

SEO JUMPさんにて紹介されていた以下のインフォグラフィックスは、掲載自由ということだったのでご紹介させていただきます。

201401 google seo3

インフォグラフィックスの内容は以下。

画像内では「Google検索に好かれる9つの指標」「Googleに嫌われる9つの指標」と紹介されているのですが、前者は7つ、後者は8つになっていました。(2014年1月5日、画像修正していただいたので、画像を差し替えました。)

Google検索に好かれる7つの指標

  1. キーワード(国語力、統一性、対話性)
  2. ローカル(距離、関連性、有名度)
  3. 新鮮さ(話題、季節、変化)
  4. サイト構造(マークアップ、リンク密度、クローラビリティ)
  5. 権威性(専門性、実績、研究と統計)
  6. コンテンツの質(有用性、ボリューム、独自性、更新頻度)
  7. 言及数(リンク、ソーシャル、投票、評価)

Googleに嫌われる8つの指標

  1. リンクプログラム
  2. 低品質コンテンツ
  3. 複製/自動生成
  4. ドメインの悪用
  5. リダイレクトスパム
  6. ハッキングされたサイト
  7. ユーザー生成スパム
  8. 不自然なテキストリンク

2013年はGoogle検索のアルゴリズム変更が大きく話題になっていました、パンダアップデート、ペンギンアップデート、ハミングバードなど影響を受けたサイトが少なからずあったかと思います。

幸い当ブログでは大きな影響はありませんでしたが、今後も検索に好かれるサイト(=ユーザーに好かれるサイト)を目指してがんばりたいと思います。

source:最新のSEO対策ならSEO JUMP

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング