Googleウェブマスターツールでモバイルユーザビリティのレポートを提供開始

2014年10月31日 シェア数 アイコン 99

Googleウェブマスターツールでモバイルユーザビリティのレポートを提供開始

@JUNP_Nです。Googleウェブマスターツールでモバイルユーザビリティに関してのエラーレポートを確認することができるようになりました。Googleはモバイルでのユーザー体験を重視しているということなのでサイト運営者の方は要チェックです。

携帯端末からのトラフィック増加にともない、最適な検索結果を提供するためにモバイルユーザビリティが重要

Google webmastertool mobile usability

Googleウェブマスターツールでモバイルユーザビリティに関するエラーレポートを確認することができるようになっています。

Googleウェブマスターツールの「検索トラフィック > モバイル ユーザビリティ」という項目が追加されおり、そこから確認することが可能です。

サイト運営者は今直ぐチェック!ウェブマスターツールからすぐに確認できます!

Googleウェブマスターツールのモバイルユーザビリティに関するヘルプページではモバイルユーザビリティの重要性について以下のように書かれています。

携帯端末からのウェブ トラフィックが世界中で増加しています。また、最近の調査によれば、モバイル ユーザーがモバイル対応サイトに再度アクセスする可能性が高いことが報告されています。そのため、最適な検索結果を提供するためにモバイル ユーザビリティが重要になってきています。つまり、モバイル ユーザーが検索結果から誘導されるコンテンツについて、次の点で使い勝手を良くする必要があります。

モバイルユーザビリティのエラーレポートで表示されるエラーは次の6種類。エラー内容や詳細についてはヘルプページで説明がされています。

  • Flash が使用されています
  • ビューポートが設定されていません
  • 固定幅のビューポート
  • コンテンツのサイズがビューポートに対応していません
  • フォントサイズが小です
  • タップ要素同士が近すぎます

モバイルの重要性が語らることが増えてきました。今後Googleはモバイルでのユーザビリティが検索結果に影響するとは名言されていませんが、サイト運営者の方は要チェックです。