来年発売のiPhoneは「iPhone 4」のようなデザイン、有機ELディスプレイ採用で本体サイズは小型化?!

シェア数 アイコン 138

来年発売のiPhoneは「iPhone 4」のようなデザイン、有機ELディスプレイ採用で本体サイズは小型化?!

@JUNP_Nです。来年発売のiPhoneは有機ELディスプレイを採用し、本体はiPhone 4のようなガラスを使ったデザインに変更、5.5インチサイズは現行のiPhone 6s Plusよりも小型化されると報じられています。

あの「iPhone 4」のガラスで挟み込んだデザインが復活?!有機ELディスプレイ採用で本体サイズも小型に?

Iphone 4

9to5Macによると、KGI証券のアナリスト(Ming-Chi Kuo氏)が来年発売のiPhoneには大幅に刷新されると伝えています。今年発売のiPhone 7(仮)でも大幅刷新がされると見られているのに2年連続?!

来年のiPhoneでは有機ELディスプレイが採用され、本体デザインはiPhone 4のようなガラスで本体が挟み込まれたようなデザインを採用。さらに曲面ガラス、本体側面には金属パーツが採用されグリップ感が増すようです。

ディスプレイサイズも現行の5.5インチ(iPhone 6s Plus)に置き換える形で、5.8インチの導入も検討されているとのこと。ですが本体サイズは現行の5.5インチサイズよりも小さくなると予想されています。

来年のiPhoneは「ワイヤレス充電」「新しい生体認証システム」を搭載という噂

来年発売のiPhoneは他にも新機能搭載の情報が出ています。なかでも気になるのは「長距離のワイヤレス充電機能」ですが、これまでにも噂だけはあったものの、実現するのかは不明です。

また、新しい生体認証システムを採用し、既にAndroidで搭載されているような顔認識や虹彩認証機能の採用する可能性があるようです。

個人的にはAppleが純正ワイヤレスイヤホンを投入してくるタイミングが来年のiPhoneからという噂もあるので、こちらにも期待したいところです。

iPhone 4のガラスを採用したデザインはファンも多かったので、ガラスデザインの復活に期待したい!

SOURCE:9to5Mac