最も完成形に近い?「iPhone 8」の最新予想イメージ画像

シェア数 アイコン 41

最も完成形に近い?「iPhone 8」の最新予想イメージ画像

9月には発表されるとみられている次期iPhone(仮称:iPhone 8)ですが、これまでカメラが縦並びのデュアルカメラになる、ディスプレイは5.8インチになるなど、多数の情報がリークされています。それらの情報をもとに作成されたイメージ画像として”最も完成形に近そうな画像”が紹介されています。

本体のカタチは完成形に近いと見られる「iPhone 8」のイメージ画像

iPhone-8-rumour-1
IMAGE:Quinton Theron / iPhone 8 on Behance

9月に発表されるとみられている次期iPhoneこと「iPhone 8」の、最も完成形(本物)に近そうなイメージ画像が紹介されています。イメージ画像を作成したのはデザイナーのQuinton Theron氏

初代iPhoneの発売から10年を迎える記念となるため、大きなアップデートが予想されているiPhone 8。ディスプレイにTouch ID(指紋認証)は埋め込まれるという情報もありましたが、実現するのでしょうか?

iPhone-8-rumour-2
IMAGE:Quinton Theron / iPhone 8 on Behance

また、メインカメラはデュアルカメラ仕様で縦並びに変更されるという情報。360ど撮影が可能な3D写真まで対応するという噂もあります。

iPhone-8-rumour-3
IMAGE:Quinton Theron / iPhone 8 on Behance

iPhone 8にあわせて登場する「iOS 11」では、AR機能もサポートするため、カメラを通した体験は一新されるかもしれません。

ユーザー視点では「iPhone 8」の一番大きな変化はディスプレイ

ユーザーにとって最も大きな変化になりそうなのはディスプレイ。本体フチの「ベゼル」が極端に少なくなる「ベゼルレス」仕様になり、ディスプレイサイズも5.8インチになるという話もあります。

iPhone-8-rumour-4
IMAGE:Quinton Theron / iPhone 8 on Behance

ディスプレイが大きくなることで、iPhoneでの体験は大幅に変化することになりそうです。また、iPhone 8には有機ELディスプレイを採用するといわれています。