2018年のiPhoneは全て顔認証に、第2世代「iPhone X」「iPhone X Plus」も登場か

2018年1月29日 シェア数 アイコン 42

2018年のiPhoneは全て顔認証に、第2世代「iPhone X」「iPhone X Plus」も登場か

Appleの情報に定評のあるKGI証券のMing-Chi Kuo氏による、2018年に登場する「iPhone」の最新予測レポートをMacRumoursが紹介しています。今年は「iPhone X」の第2世代モデルに加え、大型になった「iPhone X Plus」が登場すると予測されています。

今年は3種のiPhone?OLEDディスプレイ搭載が2種、LCDディスプレイ搭載が1種

iphonexplus1
画像は次期iPhoneのコンセプトイメージ(iDROP NEWSより)

Appleの情報には定評のあるKGI証券のアナリスト・Ming-Chi Kuo氏による、2018年に登場するiPhoneシリーズの最新予測レポートが紹介されていました。

情報によると、次期iPhoneシリーズは3種。「LCDディスプレイモデル」の6.1インチモデル、「OLEDディスプレイモデル」の5.8インチ/6.5インチモデルの2種が登場するとのこと。

6.1モデルは「iPhoen 8」の後継モデルの位置づけ。こちらには、ジャパンディスプレイのフルアクティブ液晶が採用されると見られており、ホームボタンが廃止されFace ID(顔認証)が採用されるとのこと。

6.1インチモデルは、iPhone Xよりもバッテリー容量は大きくなり、A12プロセッサを搭載、RAMは3GB。価格は700〜800ドルになると予測されています。

次期「iPhone X」と「iPhone X Plus」はマイナーアップデートか

iPhone-XI-Concept-Images-iDrop-News-71
画像は次期iPhoneのコンセプトイメージ(iDROP NEWSより)

5.8インチモデルは「iPhone X」の後継、6.5インチモデルは新たに登場する「iPhone X Plus」となるとみられています。どちらもA12プロセッサ4GBのRAMが搭載され、バッテリー容量は5.8インチは現行の2716mAhから2900〜3000mAhに。6.5インチモデルは3300〜340mAhになるとのこと。

5.8インチモデルの価格は999ドル。6.5インチモデルは1099ドルになると予測されています。なお、2018年に登場するiPhoneの名称がどうなるのかは不明とのことです。

LTEチップがIntel製になり「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」に対応という情報も

また、AppleはクアルコムのLTEチップ(を廃止し、IntelのLTEチップを採用するという情報もあがっています。クアルコム(Snapdragon X20)とIntel(Intel XMM 7560)を組み合わせるという情報も。

これらの情報から、MacRumorsは2018年のiPhoneは「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」に対応すると予測しています。