お手頃価格の新型「iPad 9.7インチ」は買い?「 iPad Pro 10.5インチ」と比較してみた

お手頃価格の新型「iPad 9.7インチ」は買い?「 iPad Pro 10.5インチ」と比較してみた

Appleが27日(現地時間)に発表した新型「iPad 9.7インチ」。低価格でApple Pencilが使えるiPadは嬉しいけれど、ほぼ同じサイズの「iPad Pro 10.5インチ」とはどう違うの?という疑問も。購入時に気になりそうなポイントを比較してみました。

iPad 9.7インチとiPad Pro 10.5インチどっちが買い?違いはどこなの?

Student_captures_video_on_iPad_03272018

噂通り登場した新型「iPad 9.7インチ」。注目されるポイントは前モデルからの据え置きの37,800円という価格で、iPad Proのみ対応していたApple Pencilに対応したという点。

Apple Pencilに対応したならiPad Proより安いし、新型iPadのほうが買い?iPad Pro 10.5インチと比較してどうなの?と悩みが出てきそうなので、幾つかのポイントに分けて比較してみました。

iPad 9.7インチとiPad Pro 10.5インチの「大きさと重さ」を比較

Teacher_using_Classroom_app_03272018

まずはサイズ感。大きさはiPad Pro 10.5インチのほうが高さは10.6mm、幅は4.6mmほど大きいという結果。逆に厚さはiPad 9.7インチのほうが1.4mmほど厚い。重さはほぼ同じです。

 iPad9.7インチiPad Pro10.5インチ
高さ240mm250.6mm
169.5mm174.1mm
厚さ7.5mm6.1mm
重量469g(478g)
()内はセルラーモデル
469g(477g)
()内はセルラーモデル

このレベルなら正直なところ、本体のサイズはほぼ変わらないといって問題なさそうです。

iPad 9.7インチとiPad Pro 10.5インチの「ディスプレイ」を比較

Teaching_long_division_using_iPad_Pro_03272018

ディスプレイはそもそもサイズが違いますが、True Tone(周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を自動的に適応させる機能)や反射防止加工が施されているか、などiPad Pro 10.5インチが圧勝。

 iPad9.7インチiPad Pro10.5インチ
Retina
サイズ9.7インチ10.5インチ
解像度2,048 x 1,536
264ppi
2,224 x 1,668
264ppi
Apple Pencil
True Tone
ProMotion
フルラミネーション
反射防止加工

本体サイズはほぼ一緒ですが、ディスプレイはサイズも性能もiPad Pro 10.5インチのほうが上。ProMotionテクノロジーの有無は映画やゲームなど、さまざまなシーンで大きな性能差がありそうです。

ProMotionテクノロジー凄いですからね。iPad Proのような滑らかさでApple Pencilが使えると思うとガッカリするかもしれないですね。

iPad 9.7インチとiPad Pro 10.5インチの「カメラ」を比較

カメラ性能もiPad Pro 10.5インチが圧勝。特に外向きカメラでは大きな性能の開きがあります。

 iPad9.7インチiPad Pro10.5インチ
外向きカメラ8メガピクセル
ƒ/2.4
パノラマ(最大43メガピクセル)
1080p HDビデオ撮影
スローモーション(120fps)
12メガピクセル
ƒ/1.8
パノラマ(最大63メガピクセル)
4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
スローモーション(1080p/120fps、720p/240fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
連続オートフォーカスビデオ
内向きカメラ1.2メガピクセル
720p HDビデオ撮影
ƒ/2.2
Retina Flash
7メガピクセル
1080p HDビデオ撮影
ƒ/2.2
Retina Flash

iPhoneを持っている人が多いと思うので、iPadで撮影するというシチュエーションはそれほど多くなさそうですが、性能が良いことにこしたことないという感じでしょうか。

iPad 9.7インチとiPad Pro 10.5インチの「バッテリー」を比較

Student_using_Swift_Playground_03272018

バッテリー容量はiPad 9.7インチのほうが若干高いという結果。あくまでカタログ値なので参考ですが……。

 iPad9.7インチiPadPro 10.5インチ
バッテリー容量32.4Wh30.4Wh
Wi-Fi利用時の稼働時間最大10時間最大10時間
セルラー利用時の稼働時間最大9時間最大9時間

個人的な感覚では、この程度は誤差かなと思いますが、iPad Pro 10.5インチのほうがディスプレイサイズが大きいのでバッテリー消費は大きくなりそうですが、どうなんでしょう。

iPad 9.7インチとiPad Pro 10.5インチの「価格」を比較

iPad 9.7インチの大きな魅力は「価格」。価格は前モデルから変わっていないのですが、Apple Pencilに対応したことやA10 Fusionチップを採用することで、性能が向上したことを考えるとお買い得感はあります。

 iPad9.7インチiPad Pro10.5インチ
32GB37,800円-
64GB-69,800円
128GB63,800円-
256GB-86,800円
512GB-108,800円

iPad Pro 10.5インチが69,800円からなので、iPad 9.7インチのほうが手は出しやすい価格にはなっています。

iPad 9.7インチとiPad Pro 10.5インチの違いは他にも

細かい点でいうと、他にも多くの差があります。個人的に一番の大きな違いは新型iPadは「Smart Connector」に対応していない点。公式サイトに掲載されている画像が紛らわしいですが、Bluetoothキーボードを都度接続するのと、Smart Keyboardを利用するのでは雲泥の差。

bluetooth_keyboard_medium_2x-1
画像はApple公式サイトより

カラーバリエーションもiPad 9.7インチはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色ですが、iPad Pro 10.5インチではローズゴールドがラインナップされているのも女性からは嬉しそう

そこまで気にする人は多くないかもしれませんが、スピーカーもiPad 9.7インチは2つ、iPad Pro 10.5インチは4つ。前モデルのiPadと比較すると大きなアップデートになりましたが、当然ですが上位機種と比較すると見劣りし、目新しさに欠ける印象です。

結局、どういう人に「iPad 9.7インチ」あってるの?

結論として、予算に余裕があるのであればiPad Pro 10.5インチを買ったほうが正解。新型iPad 9.7インチの魅力は「低価格でApple Pencilに対応したiPad」という点。

Appleのスペシャルイベントでも「教育向け」と発表されたように、子どもや学生には良さそう。そもそもiPad Pro 10.5インチはProなのでバリバリ仕事で使う、Apple Pencilで絵を書きまくるというようなバリバリ使う人向けですしね。

多くの人は新型iPad 9.7インチで十分な体験ができると思いますし「iPadを使いたいけど、プロ向けの性能はいらない」という人にはオススメできると思います。

9.7インチiPad - Apple(日本)