MacBook Pro 13インチ(Touch Bar非搭載)、SSDのデータ消失やドライブ故障の不具合 Appleが修理プログラム開始

シェア数 アイコン 39

MacBook Pro 13インチ(Touch Bar非搭載)、SSDのデータ消失やドライブ故障の不具合 Appleが修理プログラム開始

Appleは11月10日、MacBook Pro 13インチ(Touch Bar非搭載)に搭載されている一部のSSDが、データ消失やドライブの故障を引き起こす可能性があると判明したと明らかにしました。問題のあるSSDは無償で修理すると、修理プログラムを案内しています。

MacBook Pro 13インチ(Touch Bar非搭載)、SSDのデータ消失やドライブ故障の不具合

mac-book-pro-13
MacBook Pro 13インチ(Touch Bar非搭載)

Appleは11月10日、MacBook Pro 13インチ(Touch Bar非搭載)に搭載されている一部のSSDで、データの消失やドライブの故障を引き起こす可能性のある不具合があることが判明しと明らかにしました。

不具合が判明したのは128GB、256GBのSSDで、2017年6月から2018年6月までの間に販売されたモデルとのこと。

Appleは公式サイトで「13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) ソリッドステートドライブ修理プログラム」を案内しています。公式サイトからシリアル番号を入力するとプログラムの対象か判別できます。

修理に出すとSSDのデータは全消去、修理後はmacOSが再インストールされた状態に

Appleに製品登録をしているユーザーには、Appleから修理プログラムの案内メールが送信されています。修理にあたっては、Appleで実機検査を行い、修理の必要があるか、ドライブ以外に不具合がないか検証。

SSDを修理するとなった場合、ドライブ内は全消去されるため、修理に出す前にファイルのバックアップが必要になります。修理ではSSDのドライブのファームウェアをアップデートし、macOSが再インストールされた状態で返却されるとのことです。

13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) ソリッドステートドライブ修理プログラム – Apple サポート