「iOS 13」のスクリーンショット画像が流出、新しい「リマインダーアプリ」や「ダークモード」などが判明

「iOS 13」のスクリーンショット画像が流出、新しい「リマインダーアプリ」や「ダークモード」などが判明

2019年5月29日

Appleが今秋に発表するとみられている「iOS 13」のスクリーンショットを入手したと、9to5Macが伝えています。リークされた画像からは「ダークモード」や新しい「リマインダーアプリ」などを確認することができます。

iOS 13で追加される「ダークモード」などのスクリーンショットが流出

io-13-rumour
画像は9to5Macより

Appleが今秋にリリースすると見られている、次期iOS「iOS 13」のスクリーンショット画像を入手したと、米メディア9to5Macが伝えています。

公開された画像では、以前からiOS 13での導入が噂されていた「ダークモード」やスクリーンショット撮影時の編集画面などを確認することができます。

ダークモードへの変更は設定アプリもしくはコントロールセンターから変更することができるようになるといい、ダークモードのために用意された新しい壁紙も追加されるだろうと予測されています。

ダークモードは目に優しくなるという効果だけでなく、OLED(有機ELディスプレイ)を採用したiPhone Xシリーズ、iPhone XSシリーズでは、黒を発光させる必要がないため、バッテリー持ちが良くなると見られてます。

新しい「リマインダーアプリ」や「Find My」アプリも確認される

またiOS 13ではリマインダーアプリも大幅リニューアルされる見通し。iPad向けiOS 13では、リマインダーアプリに「Today」「Schedule」「Flagged」「All」という項目がサイドバーに追加され、フォントも「SF UI Rounded」が使われているとのこと。

io-13-rumour-1
画像は9to5Macより

「友達を探す」と「iPhoneを探す」のアプリも統合され、新アプリ「Find My」を追加。起動すると、大きな地図が表示され、画面端にユーザーの家族や友人の名前が表示されるタブと、ユーザーが所有するデバイスが表示されるタブがあるそうです。