Appleから初めて「watchOS」Public Betaが公開、睡眠記録や手洗い検出など新機能

Appleから初めて「watchOS」Public Betaが公開、睡眠記録や手洗い検出など新機能

Appleは8月11日、Apple Watch向けに今秋リリース予定の「watchOS 7」Public Betaを公開しました。Public Betaは誰でも最新OSを試すことができるプログラム。watchOS 7では、睡眠トラッキングや自動手洗い検出などが追加されます。

「watchOS 7」Public Betaが公開

Wwdc 2020 summary 4

Apple Beta Software Programから、「watchOS 7」のPublic Betaが公開されました。

watchOS 7は、Appleが今秋リリース予定の最新OS。新機能として、睡眠トラッキング機能、自動手洗い検出、文字盤の共有などが追加されます。

Apple Beta Software Programは誰でも最新のOSを試すことができる、テスト用プログラム。正式リリース前のため不具合などが発生する可能性もあるため、万人にオススメできるプログラムではありません。

watchOS 7がサポートするApple Watchは以下の通り。

  • Apple Watch Series 3
  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Series 5

「watchOS 7」で追加される主な機能

  • コンプリケーションで1つのアプリを複数追加可能
  • コンプリケーションが利用できる文字盤をさらに追加
  • 文字盤をシェアできる「Face Sharing」機能を追加
  • マップはiOS 14と同様に自転車に対応
  • ワークアウトに「ダンス」を追加
  • 加速度センサーとジャイロスコープで前進の動作を検出して消費カロリーを計算
  • iOSアプリもデザインを刷新
  • 「Activity」から「Fitness」にアプリ名を変更
  • 睡眠トラッキングを追加
  • iPhoneとApple Watchに睡眠モードを追加
  • 「手洗い」を自動検知する新機能を追加
  • ヘッドホンなどで音楽を聴きすぎていると通知する機能(1週間あたり約40時間80デシベル)

watchOS 7の詳細は、Apple公式サイトのwatchOS 7プレビューで紹介されています。