2021年発売の「AirPods(第3世代)」のパーツがリーク、名称は「AirPods Small」か

2021年発売の「AirPods(第3世代)」のパーツがリーク、名称は「AirPods Small」か

Appleが2021年に発売予定とみられている、「AirPods(第3世代)」のパーツを、中国メディア「我爱音频网(52audio.com)」が掲載しています。AirPods(第3世代)の正式名称は「AirPods Small」になる可能性があり、H1チップを登載するとしています。

AirPods(第3世代)の正式名称は「AirPods Small」になる?

AirPods
現行モデルの「AirPods」

中国メディア「我爱音频网(52audio.com)」が、AirPods(第3世代)のパーツと思われる画像を掲載しています。

同メディアによると、AirPods(第3世代)の正式名称は「AirPods Small」となり、現行モデルの「AirPods Pro」に似たデザインになる可能性があるとしています。

airpods-3rd-gen-leak.jpg
我爱音频网(52audio.com)」が掲載した写真
airpods-3rd-gen-leak-1.jpg
我爱音频网(52audio.com)」が掲載したレンダリング画像

ハードウェアとしてはH1チップを登載。全体が小型化された、インイヤータイプのイヤホンになるようです。

2021年は「AirPods」シリーズが刷新される見通し

米Bloombergによると、Appleは2021年に「AirPods」シリーズを刷新する計画です。AirPods(第3世代)は既存のデザインを踏襲しつつ、イヤホン下部の突き出ているステムが短くなり、ノイズキャンセリングは登載しないとされています。

「AirPods Pro(第2世代)」は、ステム部分を排除したデザインとなり、Googleの「Pixel Buds」のような丸みを帯びたデザインに変更。しかし、小型化される本体にノイズキャンセリング機能を組み込むことが難しいことが明らかになっていると伝えられています。