ミニLED登載の新型MacBook Pro、デザインを刷新して2021年に発売 アナリスト予想

ミニLED登載の新型MacBook Pro、デザインを刷新して2021年に発売 アナリスト予想

ミニLEDを登載した新型MacBook Proが2021年に発売される可能性が伝えられています。新型MacBook ProはAppleシリコンモデルと見られ、デザインも刷新されるとのこと。Appleの情報に定評のあるアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が伝えました。

新型「MacBook Pro」は新デザイン&ミニLED採用か

Apple_new-macbookpro-wallpaper-screen_11102020
Appleシリコンを登載したMacBook Pro 13インチ

Appleの情報に定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleは2021年にミニLEDを登載した新型MacBook Proを発売すると報告しています

iPhoneなどで採用されている有機ELでは発光効率や価格が課題となっていて、改善されたモデルは開発されているものの登場時期は未定。またマイクロLEDもまだ一般ユーザー向けの製品が登場するには、生産や価格の面で課題があります。ミニLEDはマイクロLEDより生産が容易で、有機ELより発光効率や省電力性、長寿命という特徴があります。

新型MacBook Proはデザインが刷新され、Appleシリコンを登載、おそらく14インチ/16インチのモデルになると予測されています。

またKuo氏は、2022年にはMacBok Airも新しいデザインを採用したモデルが登場し、ミニLEDを登載するとも予測。ミニLED登載によるコスト増は、Appleシリコン登載によるコスト低下で、現行モデルよりも安くなるとしています。

Macお宝鑑定団のdanbo氏は、現在発売されているAppleシリコン登載Macはもっと安く提供することもできた、とガジェタッチ+で語っていました。

さらに、Kuo氏はAppleは2021年に窒素ガリウム充電器を2〜3つ発売する可能性を伝えています。窒素ガリウム充電器が登場すれば、バカでかいMacの充電器とおさらばできるかも。

ミニLED採用「iPad Pro」も2021年登場との報告

Kuo氏は先日、2021年前半にミニLEDを登載したiPad Proが登場するとも予測していました。また台湾の業界誌DigTimesによると、AppleはミニLED登載のiPad Proを2021年第1四半期(1〜3月)に発売する可能性があるとしています。