Apple Musicのロスレス再生、「HomePod」シリーズはアップデートで対応

Apple Musicのロスレス再生、「HomePod」シリーズはアップデートで対応

Apple Musicの「ロスレス」品質での再生は、AirPodsなどのApple製ワイヤレスヘッドフォンでは対応しませんが、「HomePod」および「HomePod mini」はソフトウェアアップデートで対応すると発表されています。

「HomePod」「HomePod mini」はロスレス再生に対応

apple_iphone12mini-iphone12max-homepodmini-availability_homepod-mini_110520.jpg

Appleが6月から提供する、Apple Musicでの「ロスレス」品質による配信に、「HomePod」および「HomePod mini」が対応することが発表されています。

Appleは「将来的なソフトウェアアップデートで対応する」と説明しています。現在はHomePodシリーズではAACを再生していますが、ロスレス対応後はALACに対応すると考えられます。

AirPodやBeats製品など、Bluetooth接続のApple製ワイヤレスヘッドフォンでは、ロスレス再生は対応しません。おそらく、HomePodシリーズにはWi-Fiに接続できるため、ソフトウェアアップデートで対応することが可能と数足されます。

ロスレス品質の提供開始と同時にソフトウェアアップデートが行われるかは不明。

「AirPods Max」の有線接続でのロスレス再生についても明言

またAppleは、AirPods Maxでのロスレス再生について、「Lightning - 3.5mmオーディオケーブル」を利用すればアナログソースに接続できるように設計されているため、ロスレスおよびハイレゾロスレスを再生できるデバイスに「接続」できると回答。

ただし一部から指摘されていた通り、デジタル出力をアナログに変換し再びデジタルに変換するため「完全なロスレスではない」と説明しています。

Lightning to 3.5 mm Headphone Jack Adapter

なお「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」には、最大24ビット/ 48kHzのロスレスオーディオをサポートするDAC(Digital Analog Converter)が内蔵されているため、ロスレス音質で再生可能だということです。

ハイレゾ品質での再生には外部DACの接続が必要になるため、気軽に楽しみたいのであれば「Zerda ITM03 Lightningモデル」などを接続するのが良さそうです。