「Apple Watch Series 7」ディスプレイは約16%大きく、新しい文字盤も追加

「Apple Watch Series 7」ディスプレイは約16%大きく、新しい文字盤も追加

「Apple Watch Series 7」が間もなく発表される見込みですが、本体サイズは41mmと45mmと大きくなると予測されています。ディスプレイのピクセル数は約16%大きくなるとBloombergが伝えています。

「Apple Watch Series 7」表示領域がかなり大きくなりそう

s7-blue-green.jpg
Apple Watch Series 7のリーク画像 / Jon Prosser / Ian Zelbo

Appleが9月に発表するとみられている「Apple Watch Series 7」について、ピクセル数は約16%大きくなるとBloombergが伝えています。

すでに本体サイズが既存の40mm/44mmから、41mm/45mmになると伝えられていますが、ディスプレイのピクセル数は約16%増え、大きいモデルは368x448から396x484になるとのこと。

Appleは新しいディスプレイサイズを活かすために、新しい文字盤を準備中で、より多くのコンプリケーションを表示できる「モジュラーマックス」や、「コンティニュアム」と呼ばれる時間の流れと現在の時間によって変化する文字盤、「ワールドタイム」と呼ばれる2つのタイムゾーンを表示できる文字盤、エルメスやNIKEモデルにも新しい文字盤が用意されると伝えています。

「Apple Watch Series 7」用のバンドは旧モデルでは利用できない可能性も

またAppleのリーク情報で実績のあるMax Wein氏によると、40mm/44mmのバンドはもうApple Storeに入荷しないといい、新しいApple Watchには旧モデルと互換性のない別のバンドが使われると伝えています。


この情報が正しければ、Apple Watch Series 7用のバンドでは、Apple Watch Series 6以前のモデルでは利用できないということになります。

BloombergのMark Gurman氏は、Apple Watch Series 7で従来のバンドは使えないということではないと思うが、40mm/44mmの在庫が店頭では少なくなっているとしています。

Apple Watch Series 7は生産に遅れが発生していると報じられていて、発売時期が遅れる可能性も伝えられています。

drip公認バリスタ