「iCloud+」のアップグレードが提供開始、プライベートリレーなどが利用可能

「iCloud+」のアップグレードが提供開始、プライベートリレーなどが利用可能

2021年10月10日

Appleが「iCloud」の有料プラン加入者およびApple One加入者を対象に、「iCloud+」の提供を開始しています。料金は変わらずに自動アップグレードされ、「iCloud プライベートリレー (ベータ)」などの新機能が利用できるようになります。

利用料金はそのまま「iCloud+」に自動アップグレード

icloud-plus.jpg
iCloud+にアップグレードされた通知

AppleがiCloudの有料プラン加入者およびApple One加入者を対象に、「iCloud+」に自動アップグレードしたと案内しています。

従来の「iCloud」は5GB〜2TBまでのストレージ容量プランが用意され、写真の同期やバックアップ、アプリ内データの同期、iOSデバイスの自動バックアップなどを利用することができましたが、「iCloud+」ではさらに新機能が追加されています。

新たに利用可能になった主な機能は4つ。

  • iCloud プライベートリレー (ベータ)
  • メールを非公開
  • HomeKit セキュアビデオ
  • カスタムメールドメイン

プライベートリレー(ベータ)は、SafariでWebサイトを閲覧する際にプライバシーを守ってくれる機能ですが、キャリアの一部サービスが影響を受ける可能性があります。

メールの非公開は、ランダムな自分用メールアドレスを生成する機能で、ウェブサイトにメールアドレスを入力する際などに利用でき、メールアドレスは何個でも生成可能。いつでも利用停止できるため、不要なニュースレターの管理などに有効。

HomeKit セキュアビデオは、ホームAppで対応したカメラを接続しておけば、どこからでも映像を確認できるという機能。映像はエンドツーエンドで暗号化されて保存され、iCloudストレージの容量制限には適用されません。

カスタムメールドメインは、所有しているドメインをiCloudメールで利用できるというもの。

「iCloud+」のプランと料金

50GB(130円/月額)、200GB(400円/月額)、2TB(1300円/月額)の3つのプランが用意され、上記の機能はすべてのプランで利用できます。

ただしHomeKit セキュアビデオのみ制限があり、50GBプランでは1台まで、200GBプランでは5台まで、2TBプランでは台数無制限となっています。

drip公認バリスタ