auと楽天モバイルも注意喚起、iOS 15「プライベートリレー」で影響あり

auと楽天モバイルも注意喚起、iOS 15「プライベートリレー」で影響あり

Appleが9月21日にリリースした「iOS 15」「iPadOS 15」の新機能「プライベートリレー」で、auと楽天モバイルも一部サービスに影響がでると注意を呼びかけています。ドコモやソフトバンクは、すでに案内されています。

課金対象でないデータ利用量が、課金対象としてカウントされることも

Private-Relay.jpg

auと楽天モバイルは9月21日、「iOS 15」および「iPadOS 15」の新機能「プライベートリレー」をオンにすると、一部サービスに影響がでると注意を呼びかけています。

楽天モバイルでは、プライベートリレーをオンにしていると、通常は課金対象ではないRakuten Linkアプリ同士のメッセージ送受信・電話の発着信、my楽天モバイルのデータ利用量が、課金対象でカウントされる事象が確認されています。

またauでは、海外で「世界データ定額」を利用できない場合があると報告しています。

ドコモやソフトバンクはすでに影響のあるサービスを案内済。ドコモではdアカウントメニューやiチャネル、ソフトバンクやLINEMOでは動画SNS放題やLINEギガフリーの影響を受けると案内されています。

iOS 15の新機能「プライベートリレー」で注意、ドコモやソフトバンクが案内

「プライベートリレー」はSafari経由のウェブブラウジングを安全に守るための仕組み。現在は「iCloud+」に加入しているユーザーを対象にベータ版として提供されています。

iCloudプライベートリレーは、ほぼすべてのネットワークに接続し、よりしっかりプライバシーを守りながらSafariを見られるようにします。あなたのデバイスから発信されるトラフィックを確実に暗号化し、2つの異なるインターネットリレーを使うため、誰もあなたのIPアドレス、位置情報、閲覧履歴から詳細なプロフィールを作ることはできません。
※プライベートリレー(ベータ版)の使用時に、一部のウェブサイトで異なる地域のコンテンツが表示されたり、サインインのために追加の手順が求められるなどの問題が発生する場合があります。

iOS 15 - Apple(日本)

drip公認バリスタ