iPhone 14 Proの超広角カメラ、1.4µmピクセルのセンサーを搭載か

iPhone 14 Proの超広角カメラ、1.4µmピクセルのセンサーを搭載か

2022年8月31日

Appleが、9月8日午前2時より開催するスペシャルイベントで発表すると予測されている「iPhone 14 Pro」ですが、超広角カメラのセンサーがより大きくなる可能性が伝えられています。

iPhone 14 Pro、カメラ周りのアップデートが多め?

iPhone 14 Pro – Purple – Side by Side – Black

Appleは日本時間9月8日午前2時より、新型iPhoneなどを発表するスペシャルイベントを開催します。

Appleの情報に定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxは、より大きなセンサーを備えた超広角レンズが搭載されるとのこと。

iPhone 13 Proシリーズの1.0µmピクセルのセンサーでしたが、iPhoen 14 Proシリーズでは1.4µmピクセルになると予測。ただしこれによってCIS(CMOSイメージセンサー)、VCM(ボイスコイルモーター)、CCM(コンパクトカメラモジュール)の単価が最大で約70上昇するそうです。

iPhone 14 Proは、カメラのアップデートが多く予測されています。噂ではフロントカメラにオートフォーカス昨日を追加され、F1.9のレンズになると伝えられています。

drip公認バリスタ