iOS 17.3、新しい盗難防止機能を追加。盗まれても最悪の事態は回避できそう

iOS 17.3、新しい盗難防止機能を追加。盗まれても最悪の事態は回避できそう

4

Appleが開発者向けに配信しているiOS 17.3ベータで、新たにiPhoneの盗難防止機能が追加されています。仮に盗まれてしまったとしても最悪の事態を回避できるような仕組みとなっています。

Appleが開発者向けに配信している「iOS 17.3 ベータ」では、新しく、iPhoneの盗難防止機能が追加されています。

WSJが今年初め、全米でiPhoneが公共の場所で盗難される事件が増加していると報告していますが、その手口に対する解決策となっています。

全米で発生しているiPhone盗難事件の手口は、バーなどの公共の場所で、犯人がiPhone盗難前に、被害者がパスコードを入力することを確認してから盗難し、盗難直後に犯人はApple IDのパスワード変更をしてしまうというもの。

iOS 17.3の盗難防止機能はこの手口への対策といえる内容で、iPhoneが盗まれ、パスコードも盗まれてしまった場合に対して、新しいセキュリティを追加します。

具体的には、保存されているパスワードにアクセスするためには、本人確認のために生体認証(Face IDかTouch ID)が必要になります。

またApple IDのパスワード変更といった重要な変更は、自宅などの使い慣れた場所から離れると1時間は変更できないようになり、時間経過後は再び生体認証が必要になります。

日本ではiPhoneを盗難されるリスクは高くないと思いますが、海外旅行などではこの設定は重要になりそうです。