MacBook Proの内部を掃除!1年ちょっとでもファンはかなりホコリだらけ!

2015年8月19日 シェア数 アイコン 261

MacBook Proの内部を掃除!1年ちょっとでもファンはかなりホコリだらけ!

@JUNP_Nです。現在使っているMacBook Proを購入してから1年半。最近になってファンが頻回に回るようになってきたので、思い切って内部の掃除をしてみることにしました。自分で簡単にできるので、興味のある人は試してみるといいかもしれません。

MacBookのファンの音が気になる!内部を掃除して改善を試みてみました!

現在使っているMacBook Proを購入して11インチを購入して1年半程度経ちますが、使用開始した当初は全く音のしなかったファンが、最近になって音を立ててよく回るようになってきました。

Macbook pro cleaning

ファンの音が気になってきたので、この機会にMacBook Proの裏蓋を開けて内部に溜まったホコリを掃除してみることにしてみました。

注意が必要ですが自分で簡単に行うことができるので、長くMacBookを利用している人は試してみてもいいかもしれません。

必要なものは「星型ドライバー」と「エアダスター」だけ!

MacBook Proの内部を掃除するために必要なのは、本体のネジを外すための「星型ドライバー」とホコリを取るための「エアダスター」の2点。

今回は星型ドライバーをAmazonで購入。1,000円程度で購入することができました。

DSC00124

本体を開くため、本体裏にあるネジを外します。

DSC00126

ネジが非常に小さいので、紛失してしまわないように注意が必要です。

DSC00133

いざMacの内部を開いてみるとホコリがかなり溜まっています。ファンの白くなっている部分は全部ホコリ。他にも目に見えてホコリがたくさんありました。

DSC00131

外した本体部分の裏側を指でこすってみると、どれだけホコリだらけな状態になっているかわかります。予想以上に汚い…。

DSC00136

ホコリを除去すべく「エアダスター」で吹き飛ばします。

DSC00137

ファンの部分に付着してしまっているホコリは完全に除去することができませんでしたが、かなりのレベルで綺麗にすることができました。

DSC00132

作業時には静電気に気をつけるなど、注意が必要ですが、Mac内部が綺麗になったと思うと心なしか作業が捗るような気がします。

MacBook Airも同じ方法で本体を開くことができます。長くMacBookを利用している人で興味のある方は自己責任で試してみるのもいいかもしれません。