MacBook Proの「Touch Bar」をファンクションキー(F1〜F12)に固定する方法

MacBook Proの「Touch Bar」をファンクションキー(F1〜F12)に固定する方法

MacBook Proシリーズのキーボードに採用されている「Touch Bar」ですが、「活用方法も見いだせないし、正直なところ不要」という人も多いはず。僕がそうです。使わないなら今までのようにファンクションキーが一番良いので、Touch Barをファンクションキー表示に固定することにしました。

MacBook ProにTouch Barはいらない!F1〜F12に戻したい人はシステム環境設定で変更可能

touch-bar-1
Touch Bar 使ってます?

MacBook Proシリーズのキーボードに搭載されている「Touch Bar」は、現在使用しているアプリケーションに合わせて、タップやスワイプなどのジェスチャーでアプリケーションを操作できます。

直感的な操作といえば便利そうですが、「活用方法も見いだせないし、邪魔だからなくても良い」というのが正直な気持ち。でも残念ながらMacBook Proシリーズの上位モデルはすべてTouch Bar搭載なんですよね……。

そこで、Touch Barを従来のキーボードのようにファンクションキー(F1〜F12)で固定することにしました

設定方法は簡単。システム環境設定を開き「キーボード」を選択します。

touch-bar-2
システム環境設定で「キーボード」を選択

Touch Barに表示する項目」の項目で「F1、F2などのキー」を選択すればOKです。

touch-bar-3
「Touch Barに表示する項目」を変更

Touch Barを完全に無効にすることはできませんが、従来のキーボードのようにF1〜F12のキーを使うことができるようになります。ExcelでF2キーが使えないの超不便……とか思っていた人は設定を変更してみると良いかも。

ボリューム変更やディスプレイ輝度の調整をする「Control Strip」はFnキーと同時押し

Touch BarをF1〜F12などのキーに固定してしまうと、これまでTouch Barに表示されていた「Control Strip」(ボリューム変更やディスプレイ輝度の変更)が消えてしまいます。

キーボードからのボリューム変更などができなくなったわけではなく、F1キーなどに固定してい状態でボリューム変更などを行いたい場合は「Fnキー」を押すことで、「Control Strip」を表示させることができます。

touchbar
「Fn」キーでTouch Barの表示を切り替え可能

「Touch Barは不要」「F1、F2などのキーのほうが良い」という人は是非お試しください。