【iOS 9】バッテリーを長持ちさせる「低電力モード」で最長3時間延長できる

シェア数 アイコン 123

【iOS 9】バッテリーを長持ちさせる「低電力モード」で最長3時間延長できる

@JUNP_Nです。iOS 9に追加されて最も多くの人がお世話になりそうな機能が「低電力モード」です。バッテリーの持ちが最長で3時間延長できるという、とても助かる機能なので是非覚えておきましょう。

充電できない時の強い味方!バッテリー残量が20%以下になると「低電力モード」の案内も表示!

「iOS 9」ではさまざまな機能が追加されましたが、多くのユーザーがお世話になりそうな一番の機能は「低電力モード」かもしれません。

Ios9

「低電力モード」はバッテリーの消費を抑えるために「メール取得」「アプリのバックグラウンド更新」「自動ダウンロード」「ビジュアルエフェクト」などの機能を一時的にオフにすることで、iPhoneのバッテリー駆動時間を最長3時間延長することができます。

また、バッテリー残量が20%以下になると「低電力モード」の案内がポップアップ表示されるので、バッテリーが切れそうな時には迷わず利用しちゃいましょう。

iOS 9「低電力モード」の設定方法

「低電力モード」への設定は「設定アプリ」から行います。「バッテリー」という項目を選択すると、一番上に「低電力モード」というボタンが表示されているので、こちらをオンにすればOKです。

Ios9 tips lowbattery 1 Ios9 tips lowbattery 2

低電力モードが設定されていると、画面上部に表示されているバッテリーアイコンが黄色になります。

Ios9 tips lowbattery 3 Ios9 tips lowbattery 4

また「低電力モード」の状態で充電を開始し、バッテリー残量が十分に充電(80%程度)されると、自動的に低電力モードが解除されるそうです。

そもそも「iOS 9」にアップデートするだけで、バッテリー駆動時間が最大1時間のびる

iOS 9では、基本的にバッテリー駆動時間はこれまで以上に延長するようになっています。Appleが公表している情報では、アップデートするだけでバッテリー駆動時間は最大1時間延長されるそうです。

iOS 9が公開されたばかりの現時点では、アプリ等がiOS 9に対応していない場合もありますが、アップデートしても問題ないのであればアップデートをすることをオススメします。