iPhone 6s以降でRAW撮影&編集が可能、無料の「Lightroom」がオススメ!

シェア数 アイコン 203

iPhone 6s以降でRAW撮影&編集が可能、無料の「Lightroom」がオススメ!

@JUNP_Nです。iOS 10から可能になったRAWフォーマットでの写真撮影。データ量も大きくなってしまうので、多用はできそうにないですが、ここぞという写真はRAWで撮影しておきたいところ。それならば「Adobe Photoshop Lightroom」はまず試してみては?

RAW撮影&編集ができる無料アプリ「Adobe Photoshop Lightroom」

Adobe Lightroom

RAWデータを扱うソフトといえば「Adobe Photoshop Lightroom」はメジャーなアプリ。このiOS向け「Lightroom」がRAW撮影と編集に対応しています。

先日リリースされたiOS 10ではRAWデータを扱えるようにアップデート。このRAWデータはAdobeのDNGを採用しています。

iOS 10であっても撮影可能なのは「iPhone 6s/6s Plus」「iPhone SE」「iPad Pro」「iPhone 7/7 Plus」のみ。基準は12メガピクセルのカメラを搭載しているかという点。

Adobe Lightroom 2

パッと取り出して写真を撮るのにiPhoneは最適ですが、ちょっと良い写真にする必要がある場合はRAWデータでの撮影ができるのは心強い。特にブログなどを運営している人は手放せなくなること間違いなし。

適当に撮影した写真も「ゆめかわいい風(?)」にサクッと編集可能。もちろんiPhoneだけで。

Adobe Lightroom 3

基本の利用は無料。Creative Cloudの契約をしているユーザーであれば、もう少し便利に利用することができます。

Adobe Photoshop Lightroom for iPhone

Adobe Photoshop Lightroom for iPhone

  • カテゴリ : 写真/ビデオ , 仕事効率化
  • 販売元 :Adobe

「Creative Cloud」の契約をしていれば、デスクトップの「Lightroom」と写真同期が可能

iPhoneでサクッとRAWで撮影。そのデータをiPhoneで撮影するのではなくデスクトップ(PC/Mac)で編集したいという人は、Creative Cloudの契約(月額980円)を利用すると写真の同期が可能になります。

Adobe Lightroom 4

これが何より便利。何人かで食事に行った時にブログで紹介する写真を撮影したいなんて時は、RAWで撮影しておけば場の空気も極力悪くせず、サッと撮影して帰ってゆっくり編集が可能。

家に帰ればLightroomのライブラリに先程の写真が入っている。あとは編集して書き出せばOK。

編集した後は、デスクトップのライブラリから削除すればiPhoneアプリ内のデータも自動で削除。RAWデータは1枚10MB以上になるので、ストレージ容量を圧迫しないように注意も必要です。

無料なので、まずは試しに「Lightroom」を試してみては?Creative Cloudを契約しているという人は、とりあえずインストールしておくといいですよ!

Adobe Photoshop Lightroom for iPhone

Adobe Photoshop Lightroom for iPhone

  • カテゴリ : 写真/ビデオ , 仕事効率化
  • 販売元 :Adobe