iPhone 8、量産開始は10〜11月頃と予測 「大幅アップグレードが原因」

@JUNP_Nです。次期iPhoneのプレミアムモデルとして発表されると見られている「iPhone 8(仮称)」の発売が遅れそうだと、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が伝えています。原因はiPhone 8本体の大幅なアップグレードが原因とのこと。

「iPhone 8」の量産開始は10〜11月?発売はいつになる?

Iphone 8

KGI証券のアナリスト・Ming-Chi Kuo氏によると、iPhone 8の量産開始は10〜11月にずれ込む見込みだと伝えています。

量産開始が遅れるとなると、例年9月に登場していた新型iPhoneのお披露目も遅れる可能性があります。

同氏によると遅れの原因は「大幅なアップグレード」とのこと。アップグレードに必要な「有機ELディスプレイ」「A11チップ」「3Dセンシングカメラ」などの最先端パーツの生産が困難だといいます。

情報では「iPhone 8」はプレミアムモデルになると言われており、ディスプレイにはTouch IDを内蔵するなど、様々な情報が飛び交っています。

こちらの画像はこれまでの噂をベースにサイサクされたコンセプトイメージ。

「iPhone 7s」は例年通り9月に発売される見通し

また、現行機種のアップグレード版である「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」は例年通り9月に発売されると予測しています。

ですが、KGI証券は「iPhone 7s」はSamsungやHuawei、XiaomiなどのAndroid端末と比較して「あまり魅力的ではない」と悲観的とのこと。

Appleはおそらく新型iPhoneの3機種を同じイベントで発表すると予測、年内には全てのiPhoneが発売されるとみていますが、iPhone 8は少し時間が必要になるとしています。

SOURCE:9to5Mac
関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング