一体何考えてんだ!? 保護者からの苦情が酷すぎると話題

シェア数 アイコン 83

一体何考えてんだ!? 保護者からの苦情が酷すぎると話題

@JUNP_Nです。学校の先生は大変。モンスターペアレンツなんて言葉が登場して久しいですが、最近の教職の授業では「保護者・地域からの苦情例」としてとんでもないものが紹介されているそうです。これは酷すぎる。

運動会の練習で「気をつけ」をさせると苦情? 桜の花が美しくないと苦情??

Monster

僕自身がいる環境もあって、いろいろな親御さんに会うことがありますが、中にはたまに変わった方がいるのも事実。モンスターペアレンツなんて言葉がでるほど、社会的には問題視されていますが、そういった親御さんは後を絶たないようです。

昨日、Twitterで桐間紗路(シャロの人)@神霊種神髄(@olddeuce)さんが投稿した、教職の授業で紹介されたスライドの画像が大きな話題になっています。

保護者・地域からの苦情例

授業中にお菓子を食べたので注意したら…
おなかがすいていたのにかわいそうじゃないか!

運動会の練習で「気をつけ」と号令をかけたら…
軍隊みたいな教育をするな!

携帯を取り上げたら…
教師が取り上げるな!料金を支払え!

近所のごみに日を着けて遊んでいて警察に通報されたら…
学校がもみ消せ!

今年は桜の花が美しくない…
あんたのとこの学校の教育がおかしいからだ!

これはいったい……。

モンスターペアレンツと呼ばれるような人たちは、一体何を考えているんでしょうか。これを見て「まったくその通りだ」と思える人がいるかもしれないというだけで驚き。

あまりにも突拍子のない内容なので、投稿者は「ガチだからね」と授業の風景をも投稿しています。

学校の先生って本当に大変ですね……。

過去には、素敵なご両親もTwitterで話題になっていました

世の中にはこういった、悪い意味で目立つ親だけでなく、良い意味で目立った親も話題になっていました。こういう親のほうが素敵ですよね。