「最近の女子高生」と「10年前の女子高生」を比較した画像が話題

シェア数 アイコン 100

「最近の女子高生」と「10年前の女子高生」を比較した画像が話題

Twitterで「最近よく見る今のJKと10年前のJKの比較絵」が投稿され話題になっています。投稿したさといも屋(@petit_flare)さんによると”独自の見解で描いてみた”とのことですが、特徴だけでなく取り巻く環境も言語化されており反響をよんでいます。

最近のJKは「インスタ」「オタクはpixiv」、10年前のJKは「前略プロフ」「オタクはみんなサイト持ってる」

女子高生

Twitterでいも屋(@petit_flare)さんが投稿した、最近の女子高生と10年前の女子高生のイラストが大きな反響をよんでいます。

最近(2017年)の女子高生は「髪の重心が下」「毛先は重めにカット」、対して10年前(2007年)のJKは「髪の重心が上」「毛先はシャギーでスカスカ」になっているなど、特徴がよく描かれています。

ファッションや制服の着こなしだけでなく、取り巻く環境についてもコメントがつけられており、最近の女子高生は「インスタ、Twitter、LINE、SNOW」ですが、10年前は「ふみコミュ、モバスペ、リアル、前略プロフ」などと紹介されています。

聴いている音楽では、最近の女子高生は「ワンオク、SHISHAMO、KANA-BOON」などがあげられ、10年前の女子高生は「175R、RAD、エルレ」など。

またオタクについては、最近は「pixivに生息」で、10年前は「みんなサイト持ってる」と紹介。さらに「魔法のiらんどは黒歴史」と書かれています。

「これが時代の流れか」「わかる」など反響多数

この投稿は11万リツイート、19万いいねを突破。Twitterでは「わかる」と共感する声が多数あがる一方で、自身の高校時代を振り返る投稿がよせられています。

また「最近のスカートは短くできないように作られてるのか」など、10年前からの変化に驚く声もみられています。