ゴディバ「日本は、義理チョコをやめよう」→ブラックサンダーが反論「義理チョコ文化を応援いたします」

シェア数 アイコン 67

ゴディバ「日本は、義理チョコをやめよう」→ブラックサンダーが反論「義理チョコ文化を応援いたします」

チョコレートブランド「ゴディバ」が日本経済新聞に掲載した一面広告が話題になっています。広告は「日本は、義理チョコをやめよう」という一文が大きく目立ったもので、Twitterでは「広告見てすごい!と声が出てしまいました」といった投稿が反響を呼んでいました。

ゴディバ「バレンタインデーをもっと自由に楽しんで欲しい」

godiva-valentine-1
日本経済新聞(2月1日)に掲載された一面広告

高級チョコレートブランドの「ゴディバ」が日本経済新聞(2月1日)に掲載した、「日本は、義理チョコをやめよう」という一面広告が話題になっています。

広告の内容は「バレンタインデーは義理チョコのことを考えなくてはいけない」「気もお金も使うが、自分からはやめづらい」「男性から、とりわけ会社のトップから『義理チョコ、ムリしないで』と伝えてあげて欲しい」といった内容。

godiva-valentine.JPG
「日本は、義理チョコをやめよう」

バレンタインデーを、好きになってください」とメッセージの込められた広告に、Twitterでは様々な意見が飛び交いました。

広告に賛同し「本質的でよい」「面倒だしなくなって欲しい」「やめてしまっていい」という意見が多数あがるいっぽう、義理チョコでも楽しみにしているという男性の声も見られています。

Godiva valentine 2
GODIVA公式サイトよりキャプチャ

ゴディバ公式サイトのバレンタイン特設ページには「バレンタインデーをもっと自由に楽しんで欲しい」と、女性が楽しむことできるバレンタインをはじめてくださいといった、ゴディバからのメッセージが説明されています。

いっぽうブラックサンダーは義理チョコ推進派「よそはよそ、うちはうち。みんなちがって、みんないい」

毎年バレンタインデーにはインパクトのある「義理チョコ」の広告を展開する有楽製菓の「ブラックサンダー」は、やはり義理チョコは推進派。ゴディバの広告が話題になっていることに触れ、「よそはよそ、うちはうち。みんなちがって、みんないい」と義理チョコを応援すると宣言しています。

ブラックサンダーは今年もバレンタインデー限定の「義理チョコパッケージ」「ラ♡ブラックサンダー」などを、東京駅一番街地下1階の「プレミアム義理チョコショップ」で販売しています。