クリエイターへの理不尽な依頼「理解できない人が多すぎ」、似た経験をした人から共感殺到

シェア数 アイコン 110

クリエイターへの理不尽な依頼「理解できない人が多すぎ」、似た経験をした人から共感殺到

「『お前絵が上手いんだろ? ならタダでイラスト描けよ』これが理不尽なのを理解できない奴が多すぎる」と指摘したツイートに様々な意見が寄せられています。意見の大半は「わかる」「自分も似たような経験がある」といった内容ですが、いっぽうで「趣味レベルなら『タダで当然』」といった意見もあがっているようです。

理不尽な依頼、問題の根底にあるのは「ジャイアニズム」と指摘

creator-unreasonable-request

Twitterでは定期的に話題になるトピックの1つである「クリエイターにタダでやってくれ」という依頼がくるという議論。豪腕はりー(@gouwanharry)さんが投稿した「『お前パン屋に勤めてんだろ? ならタダでパンよこせよ』これが理不尽なのは大抵の人が理解できる。『お前絵が上手いんだろ? ならタダでイラスト描けよ』これが理不尽なのを理解できない奴が多すぎる」というツイートが注目を集めていました。

加えて「理不尽さを感じない間柄なら良いんですよ」と補足。この投稿に寄せられた意見を見ると「仕事ならともかく趣味なら『タダで当然』『仕方ない』『そのくらい描いてやれよ』と考える方がそこそこ居る」ということがわかったそう。

この手の問題がTwitterで話題になる場合「対価を払うべき」というような意見が集まることが多いのですが、豪腕はりーさんは、言いたかったことは「この問題の根底にあるのは『お前●●できるのか。じゃあ俺のためにそれをやれ』というジャイアニズムであり、そして問題は『自分がジャイアンである事を気付いていない人が多い』という点にあります」と説明しています。

クリエイターだけでなく、弁護士や教員、フリーランスなどから意見が集まる

Twitterでは同じような経験があるという他業種のユーザーから多くの意見がよせられていました。弁護士だというユーザーは「お前弁護士なんだろ?ならタダで法律相談やれよ」というようなことがあったとのこと。

他にも「飲み屋に行ってお姉さんに医者だとバレると、大抵健康相談がはじまります」といった声も。また、教員の部活動の顧問指導でも同じような感覚があるという指摘もみられました。

ちなみに、「お前ブログ書いてるんだろ?じゃあこれタダで紹介してくれよ」案件も非常に多いですよね。他にも「お前ブログ書いてるんだろ?これあげるから紹介してくれよ」案件もありますが……。