「アルミホイルを丸めて叩いて、球にしました」→想像を絶する物体に驚きの声が続出

シェア数 アイコン 77

「アルミホイルを丸めて叩いて、球にしました」→想像を絶する物体に驚きの声が続出

Twitterで「アルミホイル(16m)を丸めて叩いて、球にしました」というコメントと共に投稿された画像が話題になっています。もとがアルミホイルとは思えない銀色の球体に、「あのペラペラのアルミホイルですか!?」など驚きの声が寄せられています。

これがアルミホイルだと……!? 想像以上の物体に驚く声が続出

aluminum-foil

Twotterで「アルミホイル(16m)を丸めて叩いて、球にしました」というコメントとともに投稿された銀色の球体の画像が話題になっています。投稿したのは色々な生き物たちのシルバーアクセサリーや小さなからくり人形を制作しているという、アトリエpuchuco(@puchuco709)さん。

投稿された画像は手のひらに収まるほどの大きさの銀色の球体。画像の球体は、工芸品のような美しさで重量感もありますが、もともとはアルミホイルだというのだから驚き。

アトリエpuchuco

@puchuco709

アルミホイル(16m)を丸めて叩いて、球にしました。 https://t.co/XA9nbWsacH

この驚くべきアルミホイルでできた球体にTwitter上では「すげぇ…こんな球体になるんですね…」「もはや鉄球に見える」「超綺麗!マジで感動」など、驚きの声が続出。フォロワー数で日本一の有吉弘行さんもリツイートしたことで、広く拡散されています。

「作り方は?」「重さは?」「どのくらいの時間がかかる?」

アルミホイルを丸めて叩いて作られたというお手軽そうな響きから、実際に作ってみたいというユーザーも。そういったユーザーからの質問に作者のアトリエpuchuco(@puchuco709)さんが応えてくれていました。

実際に作ってみたものの、うまくできなかったという人も。

アルミホイル1本をひとかたまりにして丸め、金づちで根気よく叩くと完成するとのこと。アトリエpuchuco(@puchuco709)さんでも1時間かかるということなので、かなり根気が必要になりそうですね……。