iOS 11.3の新機能「バッテリーの状態(ベータ)」の使い方、表示される情報の意味を解説

シェア数 アイコン 66

iOS 11.3の新機能「バッテリーの状態(ベータ)」の使い方、表示される情報の意味を解説

Appleは30日、iOS 11.3を公開しました。iOS 11.3では新機能「バッテリーの状態(ベータ)」が追加され、iPhoneのバッテリー状態を確認することなどができるようになりました。

新機能「バッテリーの状態(ベータ)」、パフォーマンス管理機能をオフにすることも可能に

ios-11-battery

iOS 11.3の新機能「バッテリーの状態(ベータ)」では、バッテリーの最大容量やピークパフォーマンス性能の状態を確認することができます。

使い方は設定アプリからバッテリーバッテリーの状態(ベータ)とタップするだけです。

IMG_5528
IMG_5529
設定アプリの「バッテリー」から確認できます

「バッテリーの状態(ベータ)」では、「バッテリーの最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」を確認することができ、バッテリーの劣化などを確認することができます。

IMG_5530
表示されるのは「最大容量」「ピークパフォーマンス性能」

これまでのiOSには「突然のシャットダウン」を防ぐ管理機能が常時オンの状態になっていましたが、iOS 11.3からはユーザーが任意でオフにすることができるようになっています

この機能はiPhone 6/6 Plus、iPhone 6s/6s Plus、iPhone 7/7 Plus、iPhone SEに適用されており、デバイスで「突然のシャットダウン」が最初に起きた後のみ有効化されるようになっています

「バッテリーの最大容量」の経年劣化にあわせて、ピークパフォーマンスも低下する

バッテリーの最大容量は使っていくうちに劣化していきます。Appleによると新品時を100%とした場合、通常利用の条件下でフル充電を500回繰り返すと最大80%を維持するように設計されているそう。

バッテリーの経年劣化によって、ピークパフォーマンスに対する能力も低下することがあるといい、状態にあわせて「ピークパフォーマンス性能」に表示されるメッセージが変わります。

バッテリーが正常な場合

お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。

劣化によりパフォーマンス管理機能が適用された場合

この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。無効にする…

バッテリー状態が判定できない場合

この iPhone では、バッテリーの状態を判定できません。バッテリーに関するサービスは、Apple 正規サービスプロバイダが対応します。サービスオプションについての詳しい情報…

パフォーマンス管理機能をユーザがオフにした場合

この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。パフォーマンス管理による保護を手動で無効にしています。

バッテリーが著しく劣化している場合

お使いのバッテリーは著しく劣化しています。Apple 正規サービスプロバイダでバッテリーを交換すると、最大限のパフォーマンスや容量を取り戻すことができます。サービスオプションについての詳しい情報…

2018年12月まで3,200円でバッテリー交換が可能

なお、AppleはiPhoneのバッテリー劣化に伴い、意図的に性能を低下させていたことをうけ、2018年12月までバッテリー交換費用を3,200円にすると発表しています。

通常は8.800円のため5,600円円の値下げ。iPhoen Xを含む、全てのiPhoneが対象となっています。