「iPhone SE2」の大量生産開始か、本体にはガラスを採用 名機「iPhone 4」のボディに酷似?

シェア数 アイコン 42

「iPhone SE2」の大量生産開始か、本体にはガラスを採用 名機「iPhone 4」のボディに酷似?

これまでもApple製品の情報をリークしている起業家・デザイナーのBenjamin Geskin氏が次期「iPhone SE」について、「近日中に登場する」「既に大量生産に入っている」と伝えています。

次期「iPhone SE」は近日登場、既に大量生産開始とリーク情報

iphone-se2
画像はBenjamin Geskin氏のTwitterより

App;e製品の情報をこれまでに何度もリークしている起業家・デザイナーのBenjamin Geskin氏が、新たなリーク情報をTwitterに公開しています。

Benjamin Geskin氏によると、新しいiPhone(おそらくiPhone SE2)が近日中に登場し、コードネームは「Jaguar(ジャガー)」とのこと。

また、本体はガラス筐体になり、ワイヤレス充電にも対応するとしています。背面にガラスが採用されれば、Appleファンから名機と名高い「iPhone 4」にそっくりな本体になるのでは?

イヤホンジャック廃止、Apple Payに対応の見通し

「iPhone SE2」は5月から6月に発売されると見られており、iPhoneケースメーカーからの情報では5月に発売されるという情報が伝えられたばかり。

本体サイズは変わらず、ディスプレイも変更なし。イヤホンジャックは廃止され、Apple Payに対応すると予測されています。