iPhone SE 2(iPhone 9)どうなる? Bloomberg「3月発売だが流動的」、日経「生産は3月以降に延期の可能性」

iPhone SE 2(iPhone 9)どうなる? Bloomberg「3月発売だが流動的」、日経「生産は3月以降に延期の可能性」

Appleが今春に発売すると報じられている、新型の廉価版iPhone(iPhone SE 2/iPhone 9)について、米Bloombergは3月中に発売する計画だと報道。一方Nikkei Asian Reviewは、生産は3月のどこかまで延期される可能性があると伝えています。

Bloomberg「低価格の新型iPhoneは3月発売予定だが流動的」

iphone-8-product-red
画像は「iPhone 8(PRODUCT)RED Special Edition」

Appleが3月に発売すると報じられている、低価格の新型iPhone(iPhone SE 2/iPhone 9)について、中国の新型コロナウイルスの影響で、発売が遅れる可能性が報じられています。

米Bloombergは、Appleは低価格の新型iPhoneを3月に約400ドルで発売する予定だが「計画はまだ流動的」と報道。また2020年前半に、新しいカメラシステムを搭載したiPad Proのアップデートモデルを準備中で、こちらも計画に遅延などが発生している可能性があると伝えています。

Nikkei Asian Review「生産は2月末までに開始予定だったが、現在非常に困難」

Nikkei Asian Reviewでは、同じく低価格の新型iPhoneは今春にリリース予定だったとし、「大量生産は2月までに開始される予定だったが、現在は非常に困難」「生産は3月のどこかまで延期される可能性がある」と報じています。

昨日には独メディア「iPhone-Ticker」が、Appleは3月31日にスペシャルイベントを開催し、4月3日に低価格の新型iPhone(iPhone SE 2/iPhone 9)を発売する可能性があると伝えていました

Appleは2月17日、世界中に影響を及ぼしている新型コロナウイルスの影響で、3月四半期の収益について下方修正を発表。要因として、「世界中へのiPhoneの供給が一時的に制限される」「中国におけるApple製品の需要に影響が出ている」と説明していました。

iPhone SE 2(iPhone 9)は、399ドル(約4万4000円)と報じられています。「iPhone 8」がベースで、7.4インチの液晶ディスプレイを採用、Touch ID搭載で、「iPhone 11」シリーズと同じ最新のプロセッサ「A13 Bionic」が搭載されるとされています。