「iPhone SE2」は5月発売で確定か、本体サイズとディスプレイは変わらずApple Pay対応

シェア数 アイコン 69

「iPhone SE2」は5月発売で確定か、本体サイズとディスプレイは変わらずApple Pay対応

5月から6月に発売されると噂されている次期「iPhone SE」ですが、「Global Sources Mobile Electronics 2018」に出展しているケースメーカーからの情報で5月に発売されるようだとMacお宝鑑定団 blog(羅針盤)が伝えています。

次期「iPhone SE」は前面は変化なし、TouchIDとApple Payに対応

iphone-se-rumour-1
Weiboに投稿されていた次期「iPhone SE」とされる画像

Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)が20日、Global Sources Mobile Electronics 2018に出展するiPhoneケースメーカーからの話しとして「iPhone SE2」は5月に発売されると伝えています。

「iPhone SE2」は本体サイズと前面ディスプレイについては現行モデルと変わらず、ヘッドホンジャックは廃止され、Apple Payに対応。

また「A10 Fusionチップ」を採用し、「HEIF/HEVC」メディアの記録に対応。iPhone 7およびiPhone 7 Plusに近い扱いになるとのこと。ワイヤレス充電にも対応するそうですが、本体の背面がガラスになるかは確証は得られなかったとしています。

EECのデータベースにも登場し、1か月以内に発表されるとの予測も

次期「iPhone SE」については、ユーラシア経済委員会(EEC)のデータベースにも「iPhone SE2」とみられる情報が登録されていることが明らかになっています。

これまでも新しいApple製品が発表される約1カ月前に同データベースに情報が登録されていることから、「iPhone SE2」は5月から6月に発売される可能性が高いと伝えられていました。