新型「Mac mini」も登場か、年内に「iPad Pro」「Apple Watch」などアップデートを計画中

シェア数 アイコン 49

新型「Mac mini」も登場か、年内に「iPad Pro」「Apple Watch」などアップデートを計画中

Appleは2018年下半期中に、新しいiPhoneを発表するだけでなく、新型「Mac mini」「iPad Pro」「Apple Watch」など多くの製品をアップデートする計画があると、アナリストのMing-Chi Kuo氏が伝えています。

ついに「Mac mini」がアップデートされる?iPhone Xに似たベゼルレスな「iPad Pro」も登場か

mac-mini

Appleの情報について定評のあるアナリスト・Ming-Chi Kuo氏によると、Appleは2018年下半期中に多くの製品のアップデートを行う計画があると伝えています

9月には例年通り新型「iPhone」が登場するとみられていますが、これは噂通り5.8インチと6.5インチの有機ELモデル、6.1インチの液晶モデルとのこと。どのモデルにもFace IDとA12プロセッサーが搭載され、有機ELモデルにはデュアルレンズカメラが搭載されるとしています。

またiPhone Xのようなベゼルレスなフルスクリーンデザインで、ホームボタンを搭載しない「iPad Pro(11インチ/12.9インチ)」も開発中だといいます。

長らくアップデートが行われていない「Mac mini」もプロセッサーがアップグレードされると予測していますが、本体の再設計などが行われるかは不明。少なくとも、何かしらのアップデートが行われるだろうとしています。

「Apple Watch」は大型ディスプレイを搭載?低価格の「MacBook」も登場か

Apple Watchは現行モデルより大きなディスプレイを搭載し、心拍計測機能が強化。約15%大きい1.57インチ(39.9mm)と1.78インチ(45.2mm)となりますが、本体サイズが大きくなるのか、ディスプレイのベゼルが小さくなるのかは不明だそうです。

「MacBppk Pro」「MacBook」はプロセッサーがアップグレード。「iMac」についてはディスプレイがアップグレードさえるという情報があったようですが、プロセッサーのアップグレードのみになるとのこと。

さらに以前から情報のある「低価格のMacBook」も登場する見通しで、「MacBook Air」ではなく「MacBook」のシリーズに追加されるようです。またワイヤレス充電マット「AirPower」も秋には発売されるといいます。