iPhoneのポートレートモード写真「撮影後に光源を足せる」と話題、利用するアプリは「Focus」

シェア数 アイコン 114

iPhoneのポートレートモード写真「撮影後に光源を足せる」と話題、利用するアプリは「Focus」

デュアルレンズカメラを搭載しiPhone XやiPhone 8 Plusなどで撮影できる「ポートレートモード」写真には奥行きの情報があるため、「撮影後に光源を足す」ということができるとTwitterで注目を集めています。

ポートレートモードで撮影した写真には「撮影後に光源が足せる」

portrait-focos

デュアルレンズカメラを搭載したiPhoneで撮影することができる「ポートレート」写真。「撮影後に光源を足す」ということができると注目を集めています。

これはiPhoneに搭載されている機能ではなく「Focos」という写真加工アプリを利用したもの。光源を追加できるのは奥行きの情報を持っているポートレートモードで撮影された写真のみです。

portrait-focos-3
portrait-focos-2
左下に光源を追加するとこうなる

以前から話題になっていた有名アプリですが、初めて見たというユーザーからは「すごい技術だ」「やばすぎる」「こんなことできるのか!」と驚く声が続出しています。

「Focos」ではiPhone XSで利用可能になった「撮影後にボケ具合を調整する」ということも可能

以前に「Focos」が注目を集めたのは「撮影後にボケ具合を調整する」という機能でした。先日発表されたiPhone XSなどでは、この機能が標準で利用できるようになっています。

iPhone XSなど新型から使える機能

Appleがサードパーティの優れたアプリを買収したり、似た機能を導入したりすることはいつものこと。もしかしたら「撮影後に光源を足す」機能もそのうち追加されるかもしれないですね。

アプリアイコン

Focos

カテゴリ
写真/ビデオ
販売元
Xiaodong Wang