日本で一番歌われている時刻は「午前2時」と判明、興味深い調査結果が話題に

シェア数 アイコン 51

日本で一番歌われている時刻は「午前2時」と判明、興味深い調査結果が話題に

一番歌われている時刻を調べてみというツイートが注目を集めています。投稿主によると「圧倒的に午前2時」だったといい、一番出てこない時刻は「午前11時」だったそうです。

一番歌われている時刻は何時?歌詞検索サービスで調査した結果が話題に

time-lyrics

一番歌われている時刻は何時なのか調べてみたというツイートが話題になっていました。投稿したのは白樺香澄がなんか言ってるぞさん(@kasumishirakaba)で、「一番”歌われてる”時刻って『午前2時』じゃない?天体観測とか炉心融解とか」という話しをしたのがきっかけだったそう。

実際にどうなのか「歌詞検索サービス 歌ネット」で調べてみたところ、日本の歌で歌詞に最も登場する時刻は「午前2時」が圧倒的で、最も登場しない時刻は「午前11時」だったとのこと。

調査結果によると午前0時〜午前6時までが上位を独占。深夜から朝方にかけての時間は歌詞に登場しやすいようです。具体的な集計方法も投稿されています。

とても興味深い集計にネット上では「これは質の高いトリビア」「面白い統計だ」「素晴らしい知的好奇心」と多くの反響が寄せられています。

触発されて「一番歌われている曜日」を調べたという人も登場

一番歌われている時刻の調査結果に触発され、「一番歌われている曜日」を調べてみたという人も登場しています。調査したsuezoさん(@pekkopeko)は「金曜日」が一番多いと予想していたそうですが、結果は「日曜日」が1位だったそうです。