世田谷区長が漫画家・山本さほさんに謝罪「やばすぎて笑うしかなかった」一連の騒動まとめ

シェア数 アイコン 64

世田谷区長が漫画家・山本さほさんに謝罪「やばすぎて笑うしかなかった」一連の騒動まとめ

世田谷区区長・保坂展人氏が10月3日、漫画家の山本さほさんに「山本さん他関係者に多大なご迷惑をかけたことをお詫びします」とTwittterで謝罪しました。区の企画したイベントで、担当職員が会場をダブルブッキングし、キャンセル料を山本さんのギャラから差し引くなどと発言していたことが、問題になっていました。

世田谷区職員が会場をダブルブッキング「キャンセル料はギャラから差し引きます」、漫画家・山本さほさんがTwitterで明かす

yamamoto-saho
世田谷区区長・保坂展人氏がTwitterで山本さんに謝罪

漫画家・山本さほさんが10月1日、「世田谷区役所と仕事したんだけど、やばすぎて笑うしかなかった」と投稿。その後、「区役所と仕事したまんがです」と区職員の対応を明らかにすると、投稿は広く拡散されました。

問題となっているのは世田谷区の「オーストラリアの姉妹都市交流のプログラム」での出来事。「前もって作って送っておいたデータをふつうになくした」という区の担当職員が、会場を間違えてダブルブッキングし、会場のキャンセル料を「山本さんのギャラから出しますね」と発言したのだそう。

担当職員は「山本さんがお店に連絡しなかったのも悪い」「こうなったのも山本さんに責任がある」などと発言していたといいます。

イベント後には急に「ギャラはお支払いします」と説明されたため、怪しんだ山本さんはイベント会場だった「まんがの図書館ガリレオ@三軒茶屋」を訪問。

お店での会話の中で山本さんのギャラは予算から場所代を引いたものだったと発覚。「フリーランスの仕事をなんだと思ってるのでしょうか」と苦言を呈していました。

このイベントにはお笑い芸人・ゲオルギー吉川きっちょむさんも参加。ゲオルギー吉川さんもTwitterで「区役所の人の対応がひどすぎて笑うしかなかったなー」と投稿しています。

イベントは「向こうの子たちが漫画描くのめっちゃ楽しんでくれててアイデアも普遍的で自由ですごく良かった!」とのこと。山本さんはその後のツイートではイベントで使った画材なども「自腹で買いました」と明かしています。

ネット上ではこの世田谷区職員に対し批判の声が殺到。世田谷区区長の保坂展人氏(@hosakanobuto)にリプライして批判するユーザーも現れていました。

世田谷区長「山本さん他関係者に多大なご迷惑をかけたことをお詫びします」

山本さほさんの投稿した「区役所と仕事したまんが」は広く拡散され、世田谷区議会議員の上川あや氏もTwtitterで「区が依頼した仕事でご迷惑をおかけしたようで申し訳なく思います」と謝罪。「どのような状況があったのかご説明をいただけましたら」と連絡をしていました。

10月3日には世田谷区長の保坂氏がTwitterを通じて山本さほさんに「管理職に事実確認をしました」「ダブルブッキングで生じたキャンセル料を謝礼から差し引く等の発言をしたことがわかり、山本さん他関係者に多大なご迷惑をかけたことをお詫びします」と謝罪。

また「担当課長が漫画家の山本さほさんに連絡をさしあげ、本日中にお会いして、直接お詫びをさせていただく」と説明し、今後については「なぜこのような誤った対応をしてしまったのかを調べると共に、同様のことを繰り返すことのないよう厳正に指導いたします」としました。

またキャンセルされた会場「まんがの図書館ガリレオ@三軒茶屋」の店長・三田たたみさん(@aqaqaqua)もTwitterで、自身の多いとともに今回の騒動を振り返り、「なぜ突然会場を変更されたのか、その理由くらいはいずれ知りたいなとは思ってます」とコメントしています。