【3分でわかる】新型MacBook Airは何が変わった?特徴をざっくり紹介するよ!

シェア数 アイコン 24

【3分でわかる】新型MacBook Airは何が変わった?特徴をざっくり紹介するよ!

Appleは10月30日、新型MacBook Airを発表しました。新しくなったMacBook Airの特徴を簡単に解説します。一言でいえば「エントリー向けなのに、なかなか使えるMacがやってきた」という感じ。

新型「MacBook Air」はディスプレイが綺麗になって、サイズも小さく!

MacBook-Air-family-10302018

Appleが10月30日に発表した新型MacBook Airの特徴はなんと言っても「Retinaディスプレイ」を搭載したというところ。

ディスプレイのサイズは13.3インチでこれまでと変更ありませんが、解像度は2560 x 1600。再現できる色も前モデルと比較して48%増加ディスプレイのエッジは50%細くなりました。

MacBook-Air-Retina-Display-10302018

MacBook Proなどで利用されている「Touch ID」(指紋認証)も搭載。Macのロックも、ウェブサイトでApple Payを利用して支払う際にも指を添えるだけでOK。

MacBook-Air-Touch-ID-screen-10302018

キーボードも最近のAppleお得意の「バタフライ構造」を採用。トラックパッドも以前より20%大きくなったので、操作もラクラク。

MacBook-Air-Keyboard-10302018

搭載するポートは「Thunderbolt 3(USB-C)」を2つ。充電からデータ転送まで、すべてThunderbolt 3で行うことになるので、これまでのUSB機器は買い替えもしくはThunderbolt 3(USB-C)と接続するハブが必要になりそう。

ちなみに外付けGPUボックスにも対応しています。

MacBook-Air-Ports-10302018

スピーカーの性能も向上しました。低音は2倍広いレンジになり、音量も25%アップ。マイクも3つ設置されたので、FaceTimeで通話する時や、Siriに話しかける時もより正確に認識してくれます。

MacBook-Air-Keyboard-and-Ports-10302018

CPUは「Inter Core i5」を搭載。GPUは「Intel UHD Graphics 617」。メモリは最大16GB、ストレージ容量は最大1.5TB。Wi-Fiは802.11ac、Bluetoothは4.2に対応しています。

MacBook-Air-macOS-Mojave-10302018-1

本体サイズは前モデルよりもかなりコンパクトに!大きさは17%小さく、厚さも10%薄くなりました。本体の重さは1.25kg。バッテリー駆動はネット閲覧で最大12時間、iTunesムービー再生で最大13時間。

カラーバリエーションは「スペースグレイ」「ゴールド」「シルバー」の3色展開です。

新型「MacBook Air」の価格と発売日は?

新型「MacBook Air」の発売日は11月7日。価格は基本モデルが134,800円(税別)から。

基本モデルの構成は「Intel Core i5(最大3/6GHz)」「ストレージ容量128GB」「メモリ8GB」「Intel UHD Graphics 617」。最大構成「メモリ16GB」「ストレージ容量1.5TB」で288,800円(税別)です。

Apple公式ストアで「MacBook Air」をチェック!