LINE、クリスマスの隠し機能を今年も公開!何も表示されない時の対処法は?

シェア数 アイコン 32

LINE、クリスマスの隠し機能を今年も公開!何も表示されない時の対処法は?

LINEのトーク画面に、クリスマスの特別な演出がされる隠し機能が今年も登場しています。LINEのトークで特定のキーワードが登場すると、ブラウンやコニーがクリスマスリースとともに登場するというもの。

LINEのクリスマス隠し機能、今年は「クリスマスなに」「クリスマス何」がキーワード

line-xmas-2018

LINEアプリに特別なエフェクトが表示される、クリスマスの特別演出が今年も追加されています。特定のワードがトークに送信されると、トーク画面の背景にLINEキャラクターのブラウンやコニーが登場するというもの。

昨年もトークに「クリスマスなにしてる?」「クリスマス何してる?」と送信されると同じ演出が登場するようになっていましたが、今年は「クリスマスなに」「クリスマス何」に変更されています。

「クリスマス」だけでは反応しないので「なに」「何」まで入力するのがポイント。「Xmasなに」など別の表現をした場合も特別演出は表示されません。

「クリスマスなに」「クリスマス何」と入力しても何も表示されない場合の対処法

LINEがこれまでにも行ってきた「ハロウィン」の隠し機能「花火」があがる隠し機能と同様、対応しているのはiOSアプリのみ。Androidでは隠し機能は表示されません

「iPhone(iOS)を使っているのに表示されない」という人は、LINEアプリが最新のバージョンにアップデートされていることを確認してみてください。なお現在の最新バージョンは8.18.1です。

LINEの隠し機能のおかげで「クリスマスなに」「クリスマス何」と送る口実ができたので、気になる人に送ってみては?