「職場でのセクハラが一気になくなった」簡単で効果的なアイデアが秀逸

「職場でのセクハラが一気になくなった」簡単で効果的なアイデアが秀逸

20代の頃、職場でのセクハラや性的な誘いに困っていた時に、取引先の女社長に教えてもらったという対策を実践したところ、一気にセクハラや面倒な誘いがなくなったという投稿がTwitterで注目を集めています。

「日常の雑談にさりげなく"法律に詳しそう"に思われる話題やワードを混ぜなさい」

sexual-harassment

20代の頃に職場でのセクハラや性的な誘いに困っていたという女性が、取引先の女社長からもらった助言を実践したところ、「一気にセクハラも面倒な誘いも減った」というツイートが話題になっています。

実践した内容は「日常の雑談にさりげなく"法律に詳しそう"に思われる話題やワードを混ぜる」というもの。

具体的には「ネットで色々な傷害罪などに該当する行為などを軽く勉強し、休憩時間などにニュースを見ながら『これって重過失致死罪にならないんですかねー』などと罪状の単語をさらっと口に出すのを繰り返しただけ」だそう。

ネット上では「賢いやり方!素晴らしい」「これは波風立たずにセクハラを減らすいい方法」とアイデアを称賛する声が続出。また「そういう男って相手を選んでやってるんだな」といった声もあがっていました。

セクハラ以外にもパワハラなど他の場面でも活用できそうという声も

またセクハラ以外にも「パワハラにも使えそう」という意見や、「様々なハラスメントを避けるために性別を問わず有効なのでは」「知識や経験があることをアピールするのは有効な手段」といった声も寄せられていました。