「#この髪どうしてダメですか」パンテーンの髪型校則をテーマにした広告が話題

「#この髪どうしてダメですか」パンテーンの髪型校則をテーマにした広告が話題

P&Gのヘアケアブランド「パンテーン」が、ブランドキャンペーンの一環として、学生の髪型校則をテーマにした「#この髪どうしてダメですか」キャンペーンを展開。ネット上で様々な意見が寄せられ、注目を集めています。

「地毛証明書をだす理由を教えてください」パンテーンの学生の髪型校則をテーマにした広告が話題

Pantene 2019 0
#この髪どうしてダメですか

P6Gのヘアケアブランド「パンテーン」は3月18日、ブランドキャンペーンの一環として、学生の髪型校則をテーマに「#この髪どうしてダメですか」キャンペーンを展開。ネット上で注目を集めています。

Pantene 2019 1

パンテーンはブランドフィロソフィーとして「あなたらしい髪の美しさを通じて、前向きな一歩をサポートする」を掲げる1945年に誕生した老舗ブランド。キャンペーンでは、「少しでも学生の個性の尊重について考えるきっかけをサポートできたらと願っております」としています。

Pantene 2019 3

P&Gのブランドディレクター大倉佳晃氏によると、今回のキャンペーンは「地毛証明書の話や地毛にも関わらず、髪を黒く染めるよう指導される学生がいるニュースを耳にしたことがきっかけ」だといい、髪型校則に関する調査を実施。

Pantene 2019 4

すると、生徒だけでなく、現役の教員からも「疑問を感じながらも、校則を新たに変えることはとても難しい」という葛藤を抱えている様子が見えてきたとのこと。

Pantene 2019 5

大倉氏は「髪型校則は、学生や先生、学校だけでなく、社会全体で考えていかなくてはならないテーマ」と考え、キャンペーンをきっかけに「学生の個性が尊重される社会になることを少しでも応援していけたらと考えております」と説明しています。

Pantene 2019 6

パンテーンは全国の現役中高生・卒業生・先生の男女合計1000人を対象に、「髪型校則へのホンネ調査」を実施。調査では、先生の70%が「勤務している学校の髪型校則に疑問を感じている」、87%が「時代に合わせて、髪型校則も変わっていくべきだと思う」と認識していることが明らかになり、現役中高生・卒業生の91%が「髪型校則がなぜあるのか、理由を先生に聞いたことがない」と回答しています

「#この髪どうしてダメですか」のハッシュタグに多くの声が寄せられる

キャンペーンで展開されているハッシュタグ「#この髪どうしてダメですか」には多くのユーザーからさまざまな意見が寄せられています。

「茶髪ってそんなに不快な思いにさせますか?」

「ストパもパーマ、黒染めも毛染め 何を禁止にしたいのか…… 地毛が自然なのでは?」

「私が卒業した高校 ポニーテール禁止《理由》男子生徒が女子生徒のウナジを見て 鼻血を出したから」

「まず男子の長髪なんで駄目なの」

「なんで前髪を伸ばしてはきけないのでしょうか。学習には何も影響はありません」

「地毛が茶髪なのはそんなに悪いことですか?」