クルっと回すと「平成」が「令和」に変わる!針金アートやアンビグラム作品がTwitterで話題に

クルっと回すと「平成」が「令和」に変わる!針金アートやアンビグラム作品がTwitterで話題に

2019年4月2日

4月1日に発表された新元号「令和」。Twitter上では今の年号「平成」が新元号「令和」に変化する針金アートや3Dオブジェクト、アンビグラム作品が注目を集めていました。

「平成」に見えるけどクルっと「令和」に!いったいどうなっちゃってるの!?

heisei-reiwa

政府は4月1日、平成に代わる新元号が「令和」に決定したと発表。この新元号「令和」に関連するアート作品がTwitterで注目を集めていました。

話題になっていた投稿の1つが"針金アート"で作られた作品。針金で作られた「平成」の文字を、クルッと回転させると「令和」の文字に変わってしまうというもの。

しかもTwitterに投稿された時間は4月1日の13時06分。新元号が発表されてから約1時間30分という短い時間の中で作られた作品とは思えないクオリティに、ネット上では「この短い時間に作ったんですか⁉︎」と驚きの声があがり、「凄い芸術」と硝酸する声が殺到。テレビなどでも紹介されていました。

また「立体の書道」という3D作品を作成する人も登場。こちらも「平成」の文字を、クルッと回すと「令和」という文字に変わってしまう作品です。

針金アート作品を投稿したつたもとだゐき(@tdaiki1216)によると、制作時間は約1時間30分。作品の作り方について質問されると「正面から見た文字と90度回転した面を常に確認しながら少しずつ針金を曲げて微調整していくと出来ていきます」と説明しています。

「平成」を上下にクルッと回すと「令和」に変わるアンビグラム作品も話題に

また、アンビグラム作家の野村一晟氏も4月1日、自身のTwitterに「『平成』がさかさにすると『令和』になる文字を作りました」とアンビグラム作品を投稿。豪快に筆で画かれた文字で素晴らしいの一言。

野村氏が投稿したのも新元号が発表されてからわずか1時間後の12時42分。この作品も多くの新聞やテレビに紹介され、注目を集めました。

同日の夜には「令和」が鏡に映ると「平成」になる作品も投稿。また過去には「昭和」をひっくり返すと「平成」になる作品もTwitterで公開しています。