「七味唐辛子」の読み方に衝撃、海外では「NANAMI TOGARASHI」 理由は「一味唐辛子発音が混同する」

「七味唐辛子」の読み方に衝撃、海外では「NANAMI TOGARASHI」 理由は「一味唐辛子発音が混同する」

「七味唐辛子」の名前を「24年間『しちみ』だと思ってた」という海外向けの七味唐辛子を撮影した投稿がTwitterで話題になっていました。パッケージをよく見てみると英語表記で「NANAMI TOGARASHI」と書かれています。

「しちみ」じゃなくて「ななみ」なの?海外向け七味唐辛子のパッケージが話題

Shichimi
画像はエスビー食品株式会社 公式サイトより

海外向けの七味唐辛子のパッケージに、英語表記で「NANAMI TOGARASHI」と記載されている画像がTwitterに投稿され話題になっています。

投稿主も「24年間『しちみ』だと思ってた」とコメントしており、Twitterでは「うそやん」「マジか〜」「しちみじゃないの!?」といったコメントが多数寄せられていました。

「NANAMI」の表記なのは海外向け七味唐辛子のみ、公式サイトで理由が説明されている

海外向け七味唐辛子が「しちみ」ではなく「ななみ」とされている理由について、S&B公式サイトでは「日本では、七味唐辛子を『しちみとうがらし』と発音しますが、海外の方々にとっては、一味唐辛子(いちみとうがらし)と発音が混同するという事で、英語表記で『NANAMI TOGARASHI』としております」と説明されています。

また、海外向けの七味唐辛子は中身も違っているといい、国によっては「けしの実」と「麻の実」を除き、別のスパイスを入れている場合もあるのだとか。これは麻の実とけしの実が法律の規制対象になっていることが理由だといいます。