けもフレ2、SNS騒動でテレ東が謝罪「弊社社員によるSNSでの発言の中に、視聴者の方々を不快にする、不適切なもの」

けもフレ2、SNS騒動でテレ東が謝罪「弊社社員によるSNSでの発言の中に、視聴者の方々を不快にする、不適切なもの」

アニメ「けものフレンズ2」を巡るSNSでの騒動について、テレビ東京は4月15日、公式サイトで「【お詫び】SNS等での発言について」とする謝罪文を掲載しています。けものフレンズ2を巡っては同局のプロデューサーと思われる人物が批判的な意見を煽る投稿を繰り返していました。

テレ東「弊社社員によるSNSでの発言の中に、視聴者の方々を不快にする、不適切なものが含まれていました」

kemono-friends-2
画像はけものフレンズ2 テレビ東京アニメ公式より

テレビ東京は4月15日、1月からテレビ東京系で放送されていたアニメ「けものフレンズ2」を巡るSNSでの騒動について、公式サイトで謝罪文を掲載しました。

公式サイトでは「【お詫び】SNS等での発言について」とし、「『けものフレンズ2』の放送に関しまして、弊社社員によるSNSでの発言の中に、視聴者の方々を不快にする、不適切なものが含まれていました」と説明。

続けて「作品に対する評価につきましては、視聴者の方々に委ねられており、制作者は、その結果を真摯に受け止めなければなりません。それが、制作者として重要な資質であると考えております。本件に関しまして、深くお詫び致します」と謝罪しました。

「不快にする、不適切なもの」について具体的な説明はなし

「けものフレンズ」は第1期と今回問題となっている第2期では、監督や制作会社が代わり内容が変わったとネット上で批判する声があがっていました。

テレビ東京の謝罪文では、何が起こったのか確認することはできませんが、同局のプロデューサーである細谷伸之氏が一部のユーザーに煽るような投稿を繰り返していた件のようです。

また一方で榊正宗氏のアンケートツイートを発端にしたSNS騒動も起き、ネット上では様々な憶測が広がっています。