「月50万円で生き甲斐のない生活を送るか」阪急電鉄の中吊り広告『ハタコトレイン』が物議

「月50万円で生き甲斐のない生活を送るか」阪急電鉄の中吊り広告『ハタコトレイン』が物議

2019年6月10日

阪急電鉄と「はたらく言葉たち」がコラボした中吊り広告が物議を醸しています。注目されている広告は「毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか」(研究機関 研究者/80代)というもの。ネットでは「なんで炎上してないのかわからない」などのコメントが寄せられています。

「なんで炎上していないのかわからない」阪急電鉄×はたらく言葉たち コラボ広告に注目集まる

hankyudentetsu-hatarakukotoba

株式会社パラドックスが刊行する「はたらく言葉たち」と阪急電鉄がコラボした「ハタコトレイン」の中吊り広告が物議を醸しています。

注目されている広告は「毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか」(研究機関 研究者/80代)というもの。ネットでは「なんで炎上してないのかわからない」などのコメントが寄せられています。

「はたらく言葉たち」は様々な業界・世代の働く人々の思いを紡いだ言葉集だといい、阪急電鉄は今回のコラボを「仕事に誇りと志を見出す人々の言葉たちで電車内をジャック」と告知。

続けて「PARADOXが15年間に渡り行った企業への取材の中で、"自らの志を磨きながら、周りの人々と自身の人生を豊かにしていく働き方"を体現する一般の人々の言葉を集めた語録」だと説明しています。

「電車の中でまで説教されたくねーよ」「起こる必要はない気がする」など物議

ネットでは「生き甲斐もクソもないのに15万しか貰ってない人がまるで1人も存在してないかのような言い方だけはマジでやめた方がいい」「この阪急の広告のイヤなところは逃げ切った世代の人が現状を理解せずに発言してるところ」など批判的な声が殺到。

また「百歩譲って仕方がなかったにせよ、提案した広告代理店の想像力の無さは腹が立つ。朝からこんなもん見たくない」「毎月50万円もらって行くのが楽しみな会社がいいんだが」などの声もあがっています。