「ハーフの子を産みたい方に。」呉服屋・銀座いせよしのポスターが物議、東京コピーライターズクラブの2016年度新人賞を受賞したコピー

「ハーフの子を産みたい方に。」呉服屋・銀座いせよしのポスターが物議、東京コピーライターズクラブの2016年度新人賞を受賞したコピー

2016年度に掲出された呉服屋「銀座いせよし」のポスターがSNSで物議を醸しています。当該ポスターは「ハーフの子を産みたい方に。」というキャッチコピーで、東京コピーライターズクラブの2016年度新人賞を受賞したものでした。銀座いせよしは「これまで着物にあまり関心を持たなかった方にも目を向けて頂きたいという意図で制作したもの」と説明しています。

「着物にあまり関心を持たなかった方にも目を向けて頂きたいという意図で制作」

ginza-iseyoshi-1
物議となったポスター(現在は削除済み)

呉服屋「銀座いせよし」で2016年に掲出されたポスターが物議を醸しています。問題となっているポスターは横断歩道を渡る女性の写真に「ハーフの子を産みたい方に。」というコピーが書かれています。

このポスターを紹介した同店のブログでは「銀座いせよしポスターが東京コピーライターズクラブ新人賞で入選しました」と紹介されていました。東京コピーライターズクラブ公式サイトでも確認することができます。

Twitterでは「この屈辱を想像できますか?」というコメントとともに、ポスターと銀座いせよしのブログのスクリーンショットが投稿され約2.2万リツイートされ広く拡散。「配慮のなさにがっかり」「着物文化がすたれる予感がする」「ゾッとしました」など批判の声が殺到しています。

他のポスターも「ナンパしてくる人は減る。ナンパしてくる人の年収は上がる。」「着物を着ると、扉がすべて自動ドアになる。」といったコピーで、「このキャッチコピーが浸透しちゃったら男探ししてるんだって思われそうで恥ずかしくて私はもう着物着れない」「男性のことも女性のことも馬鹿にしてる」と批判のコメントが寄せられています。

約3年前の投稿が掘り起こされ物議を醸すという事態に、銀座いせよしは公式サイトで「これまで着物にあまり関心を持たなかった方にも目を向けて頂きたいという意図で制作したものでした」と説明。

「今回頂いたご意見を真摯に受け止め、今後の広報活動の参考にさせていただきます。なお、本ページの一部についても掲載を中止いたしましたことをお知らせいたします」とコメントしています。

ginza-iseyoshi-2ginza-iseyoshi-3
ブログに掲出されていたポスター(現在は削除済み)
ginza-iseyoshi-4ginza-iseyoshi-5
ブログに掲出されていたポスター(現在は削除済み)

銀座いせよし公式サイトに掲出されたコメント全文

2016年に掲出した弊社のポスターについて、様々なご意見を頂いております。これまで着物にあまり関心を持たなかった方にも目を向けて頂きたいという意図で制作したものでしたが、今回頂いたご意見を真摯に受け止め、今後の広報活動の参考にさせていただきます。なお、本ページの一部についても掲載を中止いたしましたことをお知らせいたします。

銀座いせよし