リコール対象のMacBook Pro爆発、写真付きで事故状況を明かす「電源ケーブルを抜いて、スリープモードだった」

リコール対象のMacBook Pro爆発、写真付きで事故状況を明かす「電源ケーブルを抜いて、スリープモードだった」

バッテリーが過熱し安全面のリスクをもたらすおそれがあるとして、Appleがリコール対象として自主回収プログラムを発表した「MacBook Pro 15インチ」ですが、リコールが発表される2日前にMacBook Proが爆発してしまったというユーザーが、当時の状況と爆発したMacBook Proの写真を公開しています。

「電源ケーブルを抜いて、スリープ状態だった」MacBook Proが爆発した時の状況を明かす

macbook-pro-recall-1
Steve GagneさんのFacebookより

Appleは6月20日、バッテリーが過熱し、安全面のリスクをもたらす恐れがあるとして、2015年9月〜2017年2月に販売されたMacBook Pro 15インチモデルをリコール対象にすると発表。

不運なことに、リコール発表の2日前にMacBook Proが爆発したというSteve Gagneさんが、自身のFaebookで爆発したMacBook Proの写真を投稿。当時の状況を報告しています。

macbook-pro-recall-2
Steve GagneさんのFacebookより

Steve Gagne氏によると、爆発したMacBook Proは「画面を閉じ、電源ケーブルが抜かれ、スリープ状態だった」と報告。

ベッドで休んでいたらテーブルに置いておいたMacBook Proが突然爆発し、小さな火が出て、強い化学薬品や燃えるような匂いがしたとのこと。

macbook-pro-recall-3macbook-pro-recall-4
Steve GagneさんのFacebookより

リコール対象のMacBook Proを利用している人はすぐに交換を

スリープ状態にしてテーブルの上に置いておいただけで爆発するとは、あまりにも危険。

リコール対象のMacBook Pro 15インチを利用している可能性のある人は、すぐにでも自分のMacBook Proがリコール対象になっていないか確認することをおすすめします。

MacBook Pro 15インチ「バッテリーが過熱し、安全面にリスクをもたらす恐れ」――自主回収プログラムを案内