次期iPhoneでは「3D Touch」廃止か、すでにiOS 13では新しい「長押し」に置き換え

次期iPhoneでは「3D Touch」廃止か、すでにiOS 13では新しい「長押し」に置き換え

Appleが2019年に発表する次期「iPhone」では、3D Touchが廃止される可能性が伝えられています。これまでにも3D Touch廃止の噂はありましたが、すでにiOS 13では新しい「長押し」機能も追加されているため、可能性は高そうですね。

次期iPhoneからは3D Touchが搭載されない可能性

3d-touch-film

Appleが今秋にも発表するとみられる次期 iPhoneについて、「3D Touch」機能が廃止される可能性があると、Digitimesが伝えています。

「3D Touch」は画面を強く押し込むことで、アプリのショートカットなどを呼び出すことができる機能。iPhoen XRでは、3D Touchは搭載されていませんが、代わりに「Haptic Touch」という機能を搭載。

3d touch

3D Touchと違いHaptic Touchは「押し込む」動作は必要なく、「長押し」するだけで3D Touchのように機能を呼び出すことができます。(一部呼び出せない機能もありますが)

これまでにも3D Touchが廃止される方向ではないかという予測はされてきましたが、3D Tcouchに代わる機能が登場し、3D Touchのためのセンサーが不要になるのであれば、当然の流れのような印象です。

iOS 13では3D Touch対応端末でも3D Touchは動作していない

iOS 13では「3D Touch」に変わる"新しい長押し"でメニューを呼び出すことが可能になっています。そのため、3D Touchに対応したiPhoneであっても、"強く押し込む長押し"をしてもメニューが表示されません。

具体的には「長押しをして、iPhoneがブルッと震えたら指を離す」という動作が3D Touchと置き換わっています。iOS 13でも3D Touchが使えないということは、次期iPhoneで3D Touchが廃止されるというのは信憑性が高そうです。

(追記)iOS 13で3D Touchが動作していないのはバグだとご指摘いただきました。