今秋登場のMacBook Pro 16インチはIntelの第9世代プロセッサを搭載、15インチは生産終了との噂

今秋登場のMacBook Pro 16インチはIntelの第9世代プロセッサを搭載、15インチは生産終了との噂

Appleが今秋にも発売すると見られている16インチ MacBook Proについて、Intelの第9世代プロセッサー「Coffee Lake Refresh」が搭載される予定だと報じられています。また15インチ MacBook Proは生産終了になるという情報も報告されています。

MacBook Pro 16インチ、ユーザー視点ではディスプレイが大きくなるだけ

macbook-pro-rumor-2019
Ben Geskin氏のコンセプト画像

Appleは今秋、新型の「MacBook Pro 16インチ」を発売する計画があると報じられていますが、このMacBook Pro 16インチにはIntelの第9世代プロセッサ「Coffee Lake Refresh」が搭載される予定だと報じられています。

IHS MarkitのアナリストJeff Lin氏によると、16インチモデルは9月より生産を開始するといい、今年5月にアップデートされたMacBook Pro 15インチで採用されているIntelの第9世代プロセッサ「Coffee Lake Refresh」 が搭載され、最大8コア仕様になるといいます。

これまで15インチモデルは存続し、新たに16インチモデルが登場すると伝えられていましたが、Jeff Lin氏のよると15インチモデルは生産終了になるとのこと。

MacBook Pro 1t6インチ本体のサイズは15インチモデルから変わらず、ディスプレイサイズだけが大きくなるというアップデートになるため、ユーザーとしては画面が大きくなるだけだ。なおディスプレイは3,072×1,920、227ppiになるとLin氏は伝えています。

16インチモデルから「シザー構造キーボード」に切り替えという情報も

MacBookシリーズで採用されているバタフライ構造のキーボードは不具合が相次いでおり、新型MacBookシリーズが発売されると同時に「無償修理プログラム」の対象に追加されていっています。

Appleの情報に詳しい、TF SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、MacBook Airも今秋にアップデートされる可能性があると伝えていました。

本体サイズが変わらずにディスプレイが大きくなること大歓迎ですが、Touch Bar非搭載のハイエンドモデルを出して欲しいんですけどね……。